政府紙幣発行の問題点

自民党が政府紙幣・無利子国債(相続税減免措置付き)発行を検討する議員連盟を立ち上げたとのこと(産経新聞)。
政府紙幣の議論は、冷静さを見失っているとしか思えない。政府当局が紙幣を発行することは可能だが、単に紙幣をばら撒くだけでは通貨の価値が下がるだけで、社会に混乱を引き起こすだけだ。

よくデフレが問題だから何とかせねばと言うが、問題の本質は「モノの価値が下がること」ではなく、「企業や国民がモノを買わないこと」にある。インフレになれば資産を持っている金持ちが損をし、賃金も上がるので資産を持っていない貧乏人は得をすると思っている人もいるかもしれない。

しかし、基本的にモノが売れなければ企業は賃金を上げられない。インフレになったからといって賃金が上がるという必然性はない。デフレ対策には、財政政策によって需要を支えるしかないのである。

関連記事:
・相続税免除の無利子国債発行案が浮上

コメント
日銀が国債保有額を利息以上に増額すれば、政府はその分だけ貨幣の発行益を得ているのと同じことです。勝手に政府紙幣を発行することは、日銀に喧嘩を売るようなものです。政府紙幣発行を検討する前に、日銀の金融政策を検討するほうが先でしょう。政府と日銀が協力して経済運営をしないと、どうしようもありません。
  • 2009/02/10 3:29 AM
紙幣をばらまくことで通貨価値が下がり物価が上がると言う前提が正しければ、紙幣を回収することで通貨価値が上がり物価が下がると言うことが成り立ってしまいます。

加えて紙幣を発行した場合何をするんでしょうか? 眺める・落書きをする・鼻をかむ・トイレットペーパーとして使用する・焼き芋を焼く・・・・・・・・・奇をてらった使い方を抜かせば普通は何かを購入するために使うと思います。

何かを購入するために使うならば反対の意味としてはモノ・サービスが売れると言うことになり、普通は会社で仕事が増えます。よほど極悪な会社でもなければ給料は増えるでしょう。デフレ下では何も問題が無いように思うのですが・・・・・・・・
  • ROM人
  • 2009/02/10 5:12 AM
管理人さんは「たかじんのそこまで言って委員会」は観た事ありますか?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1233727791/447
高画質版は>>371にあります。動画再生のFAQは>>2です

おとついの回でこの件に触れまして、
なるほどあくまで条件付きですが、政府紙幣発行は良い策だと思いました
  • 刀鍛冶
  • 2009/02/10 9:08 AM
リンク先でどのようにダウンロードすれば良いのか分からないので、もしよろしければ、その方の主張の内容を教えてください。
  • ゆうき
  • 2009/02/10 10:30 AM
軍票と同じくデフォルトするなら、国債でも同じだし、コストをかけて政府紙幣を発行するより、減税して赤字分の日銀券を印刷すれば同じ事じゃないですか?。
結局、最後は回収しなければならない政府紙幣を、コストをかけて発行する事に意味があるとは思えません。
馬鹿としか思えんな。
  • 774
  • 2009/02/10 11:02 AM
(1)賃金が上がるからモノが売れる vs
(2)モノが売れないと賃金が上がらない
いくら鶏が先か卵が先かのような議論をしても意味がないでしょう。
そもそも(1)と(2)は表裏一体(数学的には対偶?)なのでどちらから先に手がけても大丈夫なのでは?とすればお札をすることで簡単にできるインフレ誘導が一番?
モノが売れる環境にしろ、魅力的なモノを作れっていっても買う人いないのにどうするの?先に買う人の財布を豊かにする直接的な方法を考えないとね。
  • 通りすがり
  • 2009/02/10 1:01 PM
>単に紙幣をばら撒くだけでは通貨の価値が下がるだけで、社会に混乱を引き起こすだけだ。

でも、多くの輸出企業は円の独歩高で苦しんでいるのでは?

  • 相場師
  • 2009/02/10 6:21 PM
ブログ主のエントリーに全く賛同します。
胸がすっとしました。

コメント欄では、リフレ派の方々がまたぞろ
ちょっかいを出していますが、
ナンセンスです。

グリーンスパンも言っていしたが、国民に
直接購買力を与えられるのは、金融政策ではなく、
財政政策の領域です。減税とか給付金です。

>>ROM人さんへ 政府紙幣が出てきても、日銀が増刷しても、合理的な人は物なんか買いませんよ。
答えは、ケインズの『一般理論』に書いてあります。
  • 青三
  • 2009/02/10 6:22 PM
森永卓郎「政府紙幣を財源として強力な景気対策を実行せよ」http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/171/index.html
>政府紙幣が出てきても、日銀が増刷しても、合理的な人は物なんか買いませんよ。
そうですか。需要を高めるには所得を上げるしかないんですよね。そして、家計・企業ともにお金を使いたい人がお金を使えるようにすることです。
  • CAPM信者
  • 2009/02/10 6:46 PM
>>青三さん
減税しても喜ぶのは金持ちですよ。貧乏人は払う税金が少ないので減税の恩恵を受けません。給付金はお札を刷って貧乏人にばらまくのならわかります。
そもそも何でリフレ派がだめなのか、対案をつけて説明してください。まあ、現金を貯め込んでいる富裕老人にとっては今のデフレ・円高・不景気は都合のいいシステムですけど。政府・日銀も彼らの支持を受けている以上(政府・日銀の関係者も大概金持ちだし)、インフレにはしたくないのでは。
  • 通りすがり
  • 2009/02/10 7:50 PM
池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/59f8b09c817493d904bf6d5f136bd6af
>ファイナンスなしで政府紙幣を大量に発行すると、
>「日本政府はジンバブエと同じだ」というシグナルを
>市場に送ってハイパーインフレが起こる可能性がある。
>日銀が巨額の赤字を負って倒産するかもしれないような状況では、
>金融調節は不可能になるからだ。
>最終的に政府が日銀を救済するとすれば、
>結局は財政でファイナンスするのだから、普通の国債発行と同じだ。
>
>要するに、経済学の鉄則どおり、世の中にフリーランチはないのだ。
>それがあると一時的に錯覚させることは可能だが、嘘はいずればれる。
>これまで「ケインズ政策」と称して、いろいろな嘘が実施されてきたが、
>それが長期的には帳消しになるという事実を国民が学習した結果、
>マクロ政策がきかなくなったのである。

素人なので難しい事は分かりませんが、
一時的に効果があったとしても、
国の赤字が増えるので長期的には
年金・介護負担の不安が今以上に大きくなって
余計消費が冷え込む、可能性があるという事ですかね?
  • 通りすがり素人
  • 2009/02/11 12:00 AM
政府紙幣ではなく国債ですが、中々タイムリーな本を見つけました。

■国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ
 http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%82%92%E5%88%B7%E3%82%8C-%E3%80%8C%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%80%9F%E9%87%91%E3%81%AF%E7%A8%8E%E9%87%91%E3%81%A7%E8%BF%94%E3%81%9B%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%BD-%E5%BB%A3%E5%AE%AE-%E5%AD%9D%E4%BF%A1/dp/4883926788/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1234279469&sr=1-1

 まともな本なのか/新しい意見なのか/トンデモ本なのかはまだ分か
りませんが、Amazonの説明文を見た限りでは少し興味を持ちました。
図書館に置かれたら読んでみようかな。

 ご参考まで。
  • ハイマージェ
  • 2009/02/11 12:31 AM
青三様

僕ってリフレ派なんですか・・・・・・日銀流の量的緩和だけなら為替以外は効果が薄い、インタゲも宣言だけなら北朝鮮と一緒と考えてる不心得者なのにw

あの・・・・政府紙幣・日銀の国債買い切り・日銀引き受けの国債のどれを選ぶにしても政府が直接支出するか、もしくは国民に減税として配って使ってもらうかのどちらかになります。というかお金を刷るなり集めるなりしたのに使わないってどういう前提なんでしょうか??? 

国が使えばみんな使われる、後者ならば消費性向分だけは使われ残余は貯蓄される。どちらにせよ全く使われないなんて考えられないんですが・・・・・・なんか考え方おかしいでしょうか???
  • ROM人
  • 2009/02/11 3:05 AM
ゆうきさん>
失礼しました、リンクを貼ったところですと、
ページ中段、総合セキュリティソフトのバナー広告の
すぐ上にある白い空欄に taka と入れてチェックを入れ、
その左のダウンロードというボタンを押します。
  • 刀鍛冶
  • 2009/02/11 7:58 AM
ROM人さんの議論に対してではないですが、
リフレ派は財政政策は無効であり、
日銀の金融政策のみが有効であるとの論調が
あるので、それに部分的に反論したまで。

 お札刷るだけの金融政策では庶民にはお金は回らず、
給付金減税などの
「財政政策」を主張されるならば、一理あると認めます。
ただ、ケインズの時代とは異なり、莫大な
政府債務により非ケインズ効果などの問題がありますが。

 政府紙幣とかスタンプ付き貨幣の問題に関しては、
ケインズの『一般理論』くらい読破してから、
国家の経済談義には参加してほしいものです。

第二次世界大戦中の日本軍のように、楽観的タラレバ
の議論は聞き入れられませんね。

リフレ派一般(ROM人サンでなく)は、
「インフレになっても、賃金が上がれば、」
「政府紙幣刷りまくれば、何かに消費されれば」
とか、タラレバの議論が多すぎますね。
  • 青三
  • 2009/02/13 4:15 PM
>>通りすがり素人さん

いい経済学センスしてますね。

あなたは、ノーベル経済学者、ミルトン・フリードマンの恒常所得仮説を言い当てています。たとえ高橋洋一氏の劇薬給付金一人40万円もらっても、一時的所得にすぎず、ほとんど消費には回らないでしょう。本来フリードマンは、ケインズ的短期政策に反対し、資本主義の長期的安定を主張していたのです。

安倍内閣からの年金不安で、日本人中産階級の長期的恒常所得が減少して、内需不況となったと思います。
政府が財政再建の道を真摯に求め、将来の増税不安をなくし、年金改革で国民の実質生涯所得を増やさないと、消費は伸びません。

リフレ派一般は、フリードマンに虎の威を借りていますが、フリードマンの議論のうち都合のよい部分(短期的景気対策)を取り上げているのは問題です。
ケインズとフリードマンのごった混ぜというのがリフレ派です。
  • 青三
  • 2009/02/13 4:25 PM
>年金改革で国民の実質生涯所得を増やさないと、消費は伸びません。
高齢者の所得を増やしても貯め込むだけで消費には回りませんが。今の不況だって高齢者に資産が偏りすぎていることが一因です。

青三さんは、リフレ派を批判はするけど現況を打破しうる良い対案をお持ちですか。ケインズの本を読めだけだったら誰でもいえます。「現状維持」「問題先送り」が一番都合のいい人種・職種でないことを祈ります。
  • 通りすがり
  • 2009/02/13 10:05 PM
青三様

確かに量的緩和に戻せと言うけど、ただ当座預金残高だけを増やすだけなら企業が借りてくれなければ金利をゼロにするしか効果が無いですからね。銀行は満タンになっても市中にお金は流れない・・・・・

かといって財政政策だけならば膨大な国債発行は需給悪化により長期金利を引き上げる恐れが出てしまう。金利差縮小で円高にもなってしまうしなんか悲しい。

財政政策だけでもダメ、金融政策だけでもダメとなれば・・・・・合わせ技で行くしかないと思います。つまり政府紙幣・日銀の国債買い切り額増額・無利子国債引き受けのどれかを使い(正当なのはやっぱ二番目ですね)、政府はそれを元手に財政支出・減税で信用を拡張する。

こうすれば銀行で目詰まりしていた時と違い政府経由ですから確実に消費・通貨供給量は増えて需要を増やします。しかも市中を通さずに資金調達するので需給のひっ迫による金利上昇も当座は無い。起きるなら日銀が国債買い切り額を増やせばよいですし、名目GDPが増え、物価が上昇し始めた上での金利上昇ならば経済が正常化するわけで目的達成で万々歳です。

イメージとしては1931〜1934の高橋財政と1941〜1945までの米戦時経済を参考にしています。幸か不幸か今の日本も過剰生産設備と労働力に事欠かないので数十兆円単位で金を使っても二桁インフレにならないと思います。少なくとも失業率が2.5〜3%まで低下し、なおかつ就業意欲を持て無くなっている退職者・女性・リストラ対象者・若年層(特に20〜30代が他世代と比較して1割以上就業率が低い)が底をつくまでとなると政府の金を使う余地は相当余裕があると考えます。

日本政府の均衡よりも日本経済全体での均衡の方を重視するべきと個人的には考えます。異様な政策ですが・・・・・昭和恐慌以来の大不況ですからやむを得ないと思います。


余談

ご定義のリフレ派一般についてですが、たぶん無駄使い反対というのが世間の空気だと思うので財政政策も動員とは言いにくかった故の歪でしょうね。ただバーナンキ議長あたりは昔日本のデフレについては金融資産を何でも買って貨幣を供給しろ、財政の赤字を中央銀行が賄えと主張していましたので、先駆者の方々はこう言う事態での治療法を考えていたみたいです。ただ・・・・こんなこと大恐慌・革命・戦争でもなければ支持がえられないと言うのが難点ですがw
  • ROM人
  • 2009/02/14 7:27 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
最近は、政府発行紙幣についての議論を目にする機会が増えました。 森永卓郎氏が「政府紙幣を財源として強力な景気対策を実行せよ」(2009/02/09) http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/171/ と論じています。政府紙幣賛成論です。 高橋洋一氏も賛成の立場です。
  • 乙川乙彦の投資日記
  • 2009/02/11 6:12 AM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)