世界経済インデックスファンドがソニー銀行で販売開始

住信アセットマネジメントが世界経済インデックスファンドを1月19日に設定し、ソニー銀行で販売するとのこと(ロイター)。
世界経済インデックスファンドの資産配分は、株式と債券の比率が50:50で、国内と海外の比率が10:90。詳細は以下の通り:

・国内株式:5%
・国内債券:5%
・先進国株式:32.5%
・先進国債券:32.5%
・新興国株式:12.5%
・新興国債券:12.5%

配分比率は、セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のものに似ている。世界経済インデックスファンドの方が新興国向け資産が若干多いものの、信託報酬が0.714%と割安になっている。

ただ、海外資産比率90%、新興国資産25%と為替リスクを大きくとっていながら、債券比率が50%というのは、若干アンバランスなリスクなとり方のような気がする。初心者向けのバランス型ファンドとしてはオススメしにくい。

関連記事:
・カン・チュンド「日本人が知らなかったETF投資」

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)