政治家こそETFを持つべき

自民党総裁選候補者5人の保有資産がZAKZAKで公開されている。5人の保有有価証券は以下の通り:
麻生:
・麻生:15万4366株
・九州電力:4934株
・西日本鉄道:7万8308株
・鹿島:3792株
・ブリヂストン:4350株
・西友:1万2236株
・エフエム福岡:1万2000株
時価総額(上場銘柄のみ):5972万円

与謝野:
なし

小池:
・外国債券
・金銭信託
時価総額:696万円

石原:
・NTT:1株
・箱根カントリークラブ:1株
時価総額:50万円

石破:
・新日本製鉄:2万1140株
・JFEホールディングス:600株
・住友金属:8665株
・三菱重工業:1万625株
・川崎重工業:5000株
・東京急行電鉄:4670株
・東京電力:3933株
・関西電力:1638株
時価総額:4017万円

上記のリストはあくまで証券資産のみ。各候補は、上記の資産以外にも土地やゴルフ場会員権などの資産を持っている。

麻生の保有銘柄は、地元の九州、特に土建業に偏っている。家業に関連しているとはいえ、九州への公共事業を増やすことのできる立場にいる者としてこの保有銘柄は美しくない。小池は、圧倒的に外国債券が多い。石原の保有パターンはとても庶民的だ。石破は重厚長大産業がお好きなようだが、各銘柄の相関は低く悪い見本だ。また、元防衛大臣としては余計な疑惑を持たれかねない保有銘柄。最近業績の悪いIHIがなぜか入っていないが、IHIはもともと持っていなかったのか?売ったとしたらいつ売ったのか、というあたりが気になる。

いずれにしても、保有資産を公開されてしまう政治家は、個別銘柄を持たない方が良いかもしれない。やはり、以前竹中が提唱したように、政治家こそETFを持つべきではないだろうか?そして、政治家こそアセットアロケーションの模範になって欲しいなと思う。

関連記事:
・予測市場で「麻生総理」の価格はいくらか?

コメント
相続して持ってるだけのケースもありますよ
  • もう一度
  • 2008/09/16 1:05 PM
それにしても、家族分を含めた総資産が10万円の石田祝稔・農水副大臣と、13万円の鴻池祥肇・官房副長官は何を食って生活しているのだろうか。
  • pocotan
  • 2008/10/28 8:29 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ゆうき (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 2020年7月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (08/27)
  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)