日経平均の銘柄入れ替えとTOPIX浮動株反映

投資信託にはベンチマーク(指標:例えば日経平均やTOPIXなど)との連動を目指すインデックスファンド(パッシブ運用)と、指標を上回る成績を目指すアクティブファンド(アクティブ運用)がある。
アクティブファンドの場合、プロが調査を行って銘柄を選ぶため、一般的にインデックスファンドに比べ、手数料が高くなっている(投資信託の手数料は購入時に掛かる販売手数料、運用中に引かれる信託報酬、解約時に掛かる信託財産留保額がある)。特に20年や30年といった長期投資においては、信託報酬の割合が投資収益に大きく影響してくる。

しかし、必ずしも指標を上回る成績を長期的に出しているとは限らない。長期的に計算すると7割から8割の投資信託がインデックスファンドよりも劣っているという研究結果もアメリカで出ている(菊池誠一著「投資信託を読む」に詳しい)。

ただし、日本株のインデックスの場合は、別途考慮しなければならない点もある。まず日経平均だが、これは東証一部上場の中から有力株225銘柄を単純平均したもので、アドバンストや京セラなど、値かさ株(一株あたりの価格が高い銘柄)の影響を受けやすい。また定期的な入れ替えのたびに、多くの投資家から先回りして買われるため、ファンドが組み換えを行うときにはすでに株価がかなり高くなってしまい、ファンドを持っている人は、損をしてしまうのだ。

一方TOPIXは、東証一部上場全銘柄を発行時価総額に比例して指数化するため、日経平均に比べ、相場の動きを的確に反映したものとなっている。しかし、2005年10月から2006年6月まで、3回に分けて浮動株反映が行われる。これは、市場で取引されている浮動株を中心にTOPIXの計算方法を見直す試みで、持ち合い株の多い株の組み入れ度が低くなり、待ち合いの少ない株の組み入れ度が高くなる。3回に分けて行うとは言え、TOPIX連動型ファンドを買う場合は、2006年6月まで待ったほうが良いと思う。

なお、日本株のインデックスに投資したい場合は、通常のインデックスファンド(投資信託)よりも、ETF(株価指数連動型投資信託)を購入したほうが、手数料が安くなる。ETFは、通常の株式取引の売買手数料と同じであるため、ネット系証券会社で購入するのがお得だ。

関連記事:
・TOPIXコア30の銘柄入れ替え

コメント
最近株を始めようと思い、調べていたところこのページを見つけました。大変勉強になり、犯しやすいミスなども書いてあってとても参考になります。

『手数料』って良く書いてありますけど、たいしたことないだろー、とか思っていたら大間違いなんですね。改めて信託報酬の痛みが計算してみて分かりました。

まだまだ、どれをどうしたらより効率が良いか、など分かりませんが、ブログを見たり書籍を読んだりして勉強していきます。
  • MASA
  • 2005/11/01 9:02 AM
いつもここで勉強させてもらっている最近投資を始めた初心者です。ちかくTOPIX連動型のETFを買おうと思っているのですが、2006年6月まで3回にわたっておこなわれる浮動株反映が終わるまでTOPIX連動型ファンドを買うのは控えた方が良いとyukiさんの指摘がありました。わたしはまだ勉強不足で、あまり理解ができないのです。申し訳ありませんが、もう少しくわしく教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いいたします。これからも頑張って下さい!
  • shige
  • 2005/12/27 9:32 PM
shigeさん、浮動株反映については東証のページに詳しく載っています。
http://www.tse.or.jp/topix/float/index.html
  • Yuki
  • 2005/12/27 11:39 PM
お礼が遅れてすみません。 浮動株反映について理解することができました。これからもここで勉強させてもらいます。ありがとうございました。 
  • shige
  • 2005/12/29 2:00 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)