上海株ETFが大証に上場・海外ETFの第一号

大阪証券取引所が上海証券取引所の主要50銘柄の株価指数に連動するETFを10月23日に上場させることを発表した。海外の株価指数に連動するETFの国内取引所上場の最初の銘柄になる見込みだ。
野村アセットマネジメントによれば信託報酬は0.9975%とのこと。同じく上海A株に連動したiShares FTSE/Xinhua A50 CHINA TRACKERと同率だ。販売手数料を考慮すればこちらのほうが有利だろう。

今後の取り扱い銘柄に関しては、大証が「中国やインドの銘柄を対象」という方針のため、米国株、欧州株のETFに拡大されるのかが注目される。

関連記事:
・大証が外国株ETF、金ETF、金利ETFの取り扱いを開始

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
大証、中国株ETF上場を発表【NIKKEI NET】 これまで証券会社毎の取り扱いになっていた外国株ETF。正直、その取り扱いには不満に思っていた(ゆえにBlogでこれまでほとんど書いたことがなかった)。 しかし、今回は国内取引所から上場ということで(海外の株価指数に連
  • もーまがBlog+
  • 2007/10/05 7:19 PM
乙のブログに対するファン様からのコメント http://otsu.seesaa.net/article/58933195.html で、大阪証券取引所に上場予定の中国上海A株の ETF http://www.ose.or.jp/stocks/sy/1309.pdf をどう思うかという質問がありました。 せっかくの機会なので、乙の意見をまと
  • 乙川乙彦の投資日記
  • 2007/10/07 6:22 AM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)