なぜ生命保険の手数料「付加保険料」は開示されないのか?



生命保険料には、保証や貯蓄に回す「純保険料」と、営業活動や会社の維持費に回る「付加保険料」がある。投資信託では、運用部分と手数料部分の割合は明確に分かれており、手数料は細かく開示されている。
しかし、ほとんどの生命保険会社はこの割合を明らかにしていない(ちなみに東京海上日動フィナンシャル生命の「プライムライフ」は日本ではじめて付加保険料を開示した画期的事例)。山崎元は著書「お金を増やす本当の常識」で、一般的に生命保険の手数料部分は3割から4割程度あり、暴利であると指摘している。

生命保険には、大きく分けて死亡保障と医療保障、老後保障があるが、老後保障として保険商品で運用することはあまりお得ではない。医療保障は、現在のところ3割負担で、高額医療費の場合でも「7万2300円+(かかった医療費−24万1000円)×1%」以上は払い戻しが受けられる。かなりの部分が、公的な保険でカバーされている(生命保険文化センター)。入院した場合も一回の入院につき「三ヶ月から半年程度まで×数千円」しか支払われないにもかかわらず、保険料を一生涯払い続けるのは、ほとんどの人にとって割に合わないのではないかと思う。

ただ、死亡保障は、結婚して子どもがいる場合は、よほどの資産家でない限り、最低限の範囲で加入しておいたほうがよいだろう。ちなみに死亡保障は以下のように計算できる。

子どもが独立するまでの生活費−(現在の資産+子どもが独立するまでもらえる公的年金(遺族年金など)+企業保障(死亡退職金など)+子どもが独立するまでのパートナーの収入)

ちなみにこちらも公的年金は幅広くカバーしている。遺族基礎年金は子どもが18歳になるまで1人の場合は年間約102万円、2人の場合は約125万円が支払われる。

なお、生命保険会社の倒産リスクを考えれば、生命保険は認可共済で掛け捨てタイプのシンプルなものにするのがよいだろう。前述の通り、運用部分は保険会社に任せるのではなく、自分で行ったほうが、手数料が圧倒的に安くなるからだ。

関連記事:
・内藤眞弓著「医療保険は入ってはいけない」はすばらしい

コメント
一般の生命保険の解約返戻金(いわゆる「貯まり」)はあくまでも責任準備金であり、運用と考えるべきでないのはおっしゃる通りですね。
変額保険の保険数理は不勉強のためあまりわかりませんが、今は保障(「保証」ではない)と運用を別に考えるのがトレンドでしょう。
運用にあてる余裕資金の無い私のような人間は、複数の機能を持つ商品の方が「あてはまる」わけですが…(笑)
  • ほりえもん
  • 2005/12/16 1:23 PM
> 生命保険は認可共済で掛け捨てタイプのシンプルなものにするのがよいだろう。
同感です。必要な金額は家族構成や被保険者の年齢によって違うでしょうが、基本は掛け捨てで、必要なだけの保障をカバーするようにすべきですね。
しかし保険は知り合いから頼まれて、あまり考えずに契約してしまうというのがいちばん多いパターンではないでしょうか? 私もしかり。反省しています。
お邪魔します(改行ご容赦)。

>生命保険は認可共済で掛け捨てタイプのシンプルなものに
>するのがよいだろう。

 全国の酒屋さんの組合から約百億のお金が消えて、多くの
酒屋さんの老後がメチャクチャになったそうです。それとお
役所が典型例ですが、利潤を追求しないところはコスト管理
が甘くなる傾向があります。

>保険は知り合いから頼まれて、あまり考えずに契約してし
>まうというのがいちばん多いパターンではないでしょう
>か?

 それをG(義理)N(人情)P(プレゼント)と呼んでい
るサイトを見たことがあります。またそれを「進化」させる
と「素人に情実で扱わせるマルチ商法の無認可共済」になる
のではないでしょうか。
  • ブロガー(志望)
  • 2006/01/09 7:46 PM
ブロガー(志望)さん

コメントありがとうございます。

私がオススメしているのは無認可共済ではなく認可共済です。酒屋の無認可共済のような事件はチェック体制の存在する認可共済では起こりにくいですよ。
  • ゆうき
  • 2006/01/09 9:21 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)