金融商品の罠〜週刊ダイヤモンド大特集



週刊ダイヤモンド(6月18日号)では「金融商品の罠〜丸ごと一冊、投信・預金・保険」と題して資産運用の大特集が組まれている。
週刊ダイヤモンドといえば、昨年の12月2日号で「投信の罠」と題して特集が組まれ(投信の罠〜グロソブの問題など参照)、12月9日号では、「医療保険に気をつけろ」と題して医療保険の特集が組まれている(週刊ダイヤモンドの特集「医療保険に気をつけろ!」はイマイチ参照)。この手の特集はお手の物という感じだ。

基本的な流れはそれほどかわらない。投信販売のリスク説明が不適切であることや、分配金の非効率性、投資信託や変額保険のコスト高体質、仕組み預金やリスク限定投信の不利な点などが具体的な商品をあげてかなり詳細に分析してある。

ただ、もっとも大きな変化は、対案として書かれていることだろう。かつての特集はこの商品紹介でたいして割安でもない商品が並べられていて、特集内容と矛盾していた。しかし、今回は初心者向けにインデックスファンド、中・上級者向けに、複数の個別株投資、海外ETF、債券投資などを紹介しており、特集内容としっかりマッチしているのだ。今回のダイヤモンドは、かなりいい線いっていると思う。

関連記事:
・金融商品全損得〜週刊ダイヤモンド特集

コメント
 いつも勉強させていただいております。
 さて、折しも三菱東京UFJが投信販売において業務改善命令をくらってますが、同じ三菱グループのダイヤモンドがこういう特集を組むというのは理解しかねますね。特集記事にするほど(三菱グループ内で)問題点があるとわかっていてなお不適切な販売を続けて行政処分をくらったという事実は、ホールディングスの経営陣が頭を下げるだけで済ませられるのかどうか。ま、大きなグループですから横の連携がとれていなかったのかも知れませんが。これまで見られなかった、消費者目線の対案はそういう流れの中でエクスキューズとして出てきたものではないか、というのは疑い過ぎですかね。
出版社のダイヤモンド社は三菱グループとは一切関係がありませんよ。
  • 匿名
  • 2007/06/13 2:55 AM
三菱鉛筆も三菱グループではありません。
  • 有田
  • 2007/06/13 7:29 PM
今隔週号の『プレジデント』も、マネー関係(投資信託の記事も)の特集記事があります。題して、「金持ち家族 貧乏家族」。
  • 青三
  • 2007/06/14 8:34 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
"投信スーパーセンター #13"で冒頭にご紹介した週刊ダイヤモンド2007年6月16日号の特集が早くも(一部で?)話題沸騰しているようです。 この特集についてのエントリは幾つかトラックバックを頂戴していますが、あらためて纏めてみたいと思います。
  • rennyの備忘録
  • 2007/06/12 7:41 AM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)