確定拠出型年金(日本版401K)はオススメ

確定拠出型年金(日本版401K)は、老後資金のために、毎月一定額を拠出して運用し、60歳になったときに受け取るシステムで、公的年金や厚生年金を補完する年金である。この制度は個人投資家にとって、税制面でも、手数料面でも非常に有利な投資ツールとなる。では、その利点について考えてみよう。
会社員(2号被保険者)か自営業(1号被保険者)かによって掛け金の限度額は異なる。さらに会社員でも、勤めている企業の福利厚生の整備状況によっても異なるが、基本的に企業の制度が整備されているほど、掛け金の限度額は低くなる。自営業の場合は月最低5000円から最高6万8000円まで自由に設定することができる(詳しくは401Kオンラインを参照)。

加入者は、企業もしくは金融機関が用意した確定拠出型年金用の金融商品リスト(個人型の場合は定期預金と投資信託から成り立っている)の中から投資比率を決めて、毎月自動的に購入していく。掛金額、投資比率は変更することができる(回数制限あり)。投資信託は購入手数料がかからず、信託報酬も、一般で買う場合に比べて割安になっている(アクティブ型ファンドの場合あまり変わらないことも多い)。月額手数料は数百円程度なので、投資信託を非常に安く買うことができる。

さらに、掛金の全額が控除の対象になる。月6万8000円の掛け金を支払った場合に、約81万円を控除することが可能なのだ。これは税制上、大きなメリットだ。手数料が高く、控除額も低い変額保険などまったく入る気がなくなる。ただ、一度加入したら60歳になるまで途中で脱退することができないというデメリットもある。あくまで余裕資金が対象になる。

個人型の場合、銀行、信託銀行、生命保険会社などを通じて、加入手続きを行うことができる。投資信託は、手数料ができるだけ安いインデックスファンドを選びたい。運用商品の比較はフリーエンジニアになりました中小企業サラリーマンの投資生活がオススメ(なお、どの資産を組み合わせるかについてはアセットアロケーションの基本を参照)。

関連記事:
・確定拠出型年金への移行にどう対応すればよいか?
・確定拠出型年金の特別法人税は廃止せよ!〜官業優先・民業圧迫の構図

コメント
すみません、いろいろ気になるところや間違っているところが。

>信託報酬も、一般の半分ほどである。

自分できちんと調べたわけではないですが、アクティブファンドの場合はDC専用ファンドでもほとんど変わらないみたいです。
http://www.nri.co.jp/opinion/r_report/fundmark/
>パッシブ運用ファンドの残高上位には、信託報酬が
>同類のファンドに比べて著しく低いファンドが多いが、
>アクティブ運用ファンドにはそのような傾向が見られない。
また、DC専用でない一般の投信をファンドもラインナップに含んでいることもあります。

>月額手数料は数百円程度なので、投資信託を非常に安く買うことができる。

会社員の場合は上限が月18,000円なので、数百円の手数料は一般の投信よりかなり高い金額です。
私は会社員ではないですが、それでも上限に近い掛け金でないと手数料の割合は1%を超えてしまいます。

>国民年金基金連合会で直接加入するか、銀行、信託銀行、生命保険会社などの確定拠出型年金プランで加入することができる。

加入手続きを行えるのは金融機関のみです。
http://www.npfa.or.jp/401K/401qa_kanyu/qa_k2.html#q1
>国民年金基金や国民年金基金連合会の窓口で直接加入の申込みの受付はいたしません。

>定期預金を必ず含めなければいけない設定になっているプランもあることだ。

選択肢として必ず元本確保型の商品を用意することが義務付けられていますが、加入者が必ずそれを含めなければいけないところってあるんでしょうか?
私はそれほどたくさん調べたわけでもないけど、そういう但し書きは見たことがありません。
そもそも今の低金利が続くと仮定すると、元本確保型は手数料のせいでほぼ必ず元本割れしてしまうし(苦笑)

そんなわけで確定拠出型年金は税制面の有利さは間違いないけど、コスト的にはそれほど有利に思えなくてどうしようか迷っています。
私の勘違いなどがあったら指摘してDCに加入するように背中を押してください(笑)
  • アルビレオ
  • 2005/12/10 4:10 AM
アルビレオさん。ご指摘ありがとうございます。

1.アクティブ運用ファンドの信託報酬はあまり割り引いていないという点に関して

貴重な情報ありがとうございます。「すべての信託報酬が、半分になる」という表現は変更しました。

2.DC手数料について

販売手数料だけで考えるのではなく、信託報酬も含めてトータルで考えれば(パッシブ運用を前提として)、ある期間を超えれば、割安になりますよね。

3.加入窓口

確かに、国民年金基金連合会では加入できませんね。これは間違いでした。ご指摘ありがとうございました。

4.元本確保型商品に関する制限

ちょっと、包括的には調べられていませんが、三井生命の中にははっきりと書かれていますね。酸い味とも信託は提示することが書かれていますが、拒否できるのかどうかはわかりませんね。

三井生命
http://www.mitsui-seimei.co.jp/for_corporations/d_pension/resume.htm
住友信託銀行
http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/dcp/index.html

  • Yuki
  • 2005/12/10 9:37 AM
トラックバックありがとうございます。

401kは会社員の場合、拠出限度額が低いこともあり、メリットが少ないので残念です。でも、拠出は全額会社負担なのでいいか。ちなみに、分配金に課税されませんから、分配型投資信託を含めても複利効果は減少しないですね。

ところで、個人型は国民年金の第1号被保険者を主な対象としていますから、国民年金の納付が前提となると思います。昨今の未納問題と絡めてみると、入りたくても踏み出せずにいる人も多いのかも? 何らかで免除されている人は401kは加入できません。
三井生命の該当箇所は
>・加入者に対して少なくとも3つ以上の運用商品を提示しなければならない
>・そのうち1つは「元本確保型」の商品でなければならない
でしょうか。
「そのうち1つは〜」と前の文に続く形で書かれているので、「元本確保型を”掲示”しなければならない」と解釈するのが妥当だと思います。
加入者が元本確保型を”選択”しなければいけないという記述は見つけられませんでした。

プランの作成をしているのは「運用管理機関」(全部で数社しかない)であって「受付金融機関」ではありません。(銀行で受け取った資料で確認)
同じ運営管理機関で管理しているのに受付金融機関ごとに別のプランを用意しているわけですが、そこにさらに制約をつけたりつけなかったりするのは管理の手間が増えるだけなので、ちょっと考えにくいです。
国民年金基金連合会に問い合わせるのが一番確実でしょうが、たぶん元本確保型の選択を必須とすることはできないし、そう受け取れるような説明をしていたら怒られると思います。

手数料について
長期的には手数料が希薄化されるのは正しいですが、手数料は掛金から天引きされるため別の見方をするとたとえば1万円払ったうちの約9千いくらだけが運用に回されるわけで、信託報酬など他の条件が同一だとすれば手数料の差は長期運用するほど複利効果によって拡大されます。
税金などの違いもあるので判断が難しいですが、DCに加入するなら一般の投信より信託報酬の安いパッシブファンドの中から選ぶようにしたほうがいいのかもしれませんね。

The Asset Management Blogさん
現時点で未納/免除だと加入資格がありませんが、過去の分についてはどういう扱いになるんでしょうね?
一応免除であっても10年の範囲内で遡って納付することはできます。
でも未納だと「納付期限から2年」までしか遡ることができないので、私はある時期の部分は未納が確定してしまっています。
  • アルビレオ
  • 2005/12/10 7:01 PM
アルビレオさん

たびたびコメントありがとうございます。

三井生命の件はちょっと私が早とちりしていたみたいです。確かにアルビレオさんのおっしゃる通りなので、運用管理機関の部分も含めて本文の該当箇所、訂正しました。
  • Yuki
  • 2005/12/10 10:50 PM
>個人型の場合、銀行、信託銀行、生命保険会社などを通じて、加入手続きを行うことができる。投資信託は、手数料ができるだけ安いインデックスファンドを選びたい。私も利用しているオススメはソニー生命のプランで、インデックスファンドが豊富に用意されている

401kの運用は超長期になるので
手数料の安いインデックスファンドでの運用が
メインになってくると思い、同感です。

ちなみに個人型を利用されているんですか?
手続きの面倒さと供給面(運営機関の整備)からもまだまだ普及されていないと思っていたので、珍しいなと思いまして。

企業採用は税制優遇枠拡大はほぼ間違いないでしょうから、
個人型もそれに歩調を合わせて少しは普及するようになりそうですね。

401kは銘柄など商品数が限定されるのが
大きなデメリットですね。
さいきんは外貨MMFやREITを取り扱うところが出てきたようですが、それはほんの一部ですし。

やはり401kのインフラ充実を行っていくには
5〜10年くらいのスパンが必要なんじゃないかな、と
個人的には思っています。

まだまだ401k制度は官民ともに発展途上です。
あつまろさん

ええ、限度いっぱいで、月に6万8000円掛けています。

購入商品は、現在は
日本株:2 外国株:3 外国債:5(すべてインデックス)
です。株価が安値圏になったら、もう少し増やす予定です。

あすなろさんは商品数を懸念されていますが、
私はDCはインデックスで十分だと思うので
これでよいと思っています。

商品数が増えると、運営費もかかるわけで
手数料もあげざる得なくなるでしょう。
それは困るので、このぐらいで十分だと思います。

また、MMFなどの短期金利商品は長期投資には向かないので
これもDCにはいらない気がします。
  • Yuki
  • 2005/12/11 8:10 AM
TBありがとうございます。
DCについては、折角の節税効果を活かすのであれば、税金の高めな資産(株式・投信)にドンドン投入するべきだと個人的には思います。どうしても短期資産を持ちたいのであれば、DCの枠外で行うべきかと。定期預金なんて銀行で通帳作った方が手数料も特法税もかからないし。
  • tonny
  • 2005/12/12 1:55 AM
はじめまして。しがない会社員です。

会社が加入してる共済会組織の退職金制度の給付率が近年どんどん下がってきてしまい将来的に廃止になるかも知れず、公的年金もあまりあてにできないので、退職・老後資金づくりのために最近になって個人型確定拠出年金についてちょこちょこ調べはじめてたら、こちらに行き当たって、いろんな見方や捉え方があるんだなぁと感心して立ち寄らせていただきました。

私はとても単純に、10,000円の掛金で、毎月その全額を投信の購入に当てる設定で、掛金から合計で500円の管理手数料が引かれるとした場合でも、年間で6,000円の管理手数料を負担するけれども、年間で12万円の所得控除で20%税率だと24,000円の節税になるので、18,000円のおトクと思ったので、ぜひ個人型確定拠出年金に加入したいと思ったのですが。(脳天気なので、運営管理機関の加入勧誘・販売啓蒙広告戦略にはまってるのかもしれませんが)

しかし、 2005/12/10 4:10 AMのアルビレオさんの「会社員の場合は上限が月18,000円なので、数百円の手数料は一般の投信よりかなり高い金額です。」とのご指摘を読んで、例えば毎月10,000円の投信1口を購入するのに500円の手数料負担すると置き換えてみると・・・、よくよく考えて計算してみると5%なので確かに一般の投信の販売手数料よりもかなり高くつくことに気付きました。

さらに、個人型確定拠出年金の掛金で投信を購入する際に、販売手数料を取られるのかどうか、まだよく調べてないのでわからないのですが、もし取られるとしたら、上記例の場合、5%の管理手数料+2%程度の販売手数料と仮定して7%負担なので、月額700円前後の手数料を払う計算になります。

でも振り出しに戻って、節税の観点からだと、上記例で年間24,000円の節税に対して年間8,400円の手数料支出なので、それでもまだ15,600円おトクのように思えるので、まだ一般の投信を購入するより条件が良いようにも思えるのですが・・・。

なにか見落としてる点や勘違いしてる事などありましたら、ご指摘いただけると有難いです。

これに関連して、2005/12/10 7:01 PM のアルビレオさんのコメントで「手数料は掛金から天引きされるため別の見方をするとたとえば1万円払ったうちの約9千いくらだけが運用に回されるわけで、信託報酬など他の条件が同一だとすれば手数料の差は長期運用するほど複利効果によって拡大されます。」とご指摘されている内容ですが、これは長期的に見ると一般の投信購入などと比較してどんどん損していく計算になるということでしょうか。ちょっと具体的にイメージしずらかったものですみません。

話は変わりますが、個人型確定拠出年金には、販売側や運営管理機関にとって有利で個人投資家にとって不利になるようなカラクリのようなものが何かあるのでしょうか。少し不安を感じました。

あと、個人投資家の老後資産形成を良心的に長期で応援しようという良質な投信ラインナップをもつ運営管理機関を紹介したり比較するサイトみたいなのがあればいいなぁと思うのですが、もしあったらどなたか教えていただけましたら有難いです。

また、あつまろさんはソニー生命のプランをインデックスファンドが豊富なことからオススメされていますが、もしどなたでも他にも3つほどオススメできそうなところや情報があれば、教えていただけると大変勉強になります。

以上、長文になってしまい申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。
  • しがない会社員
  • 2006/02/26 11:57 PM
こんばんは。

ゆうきさんが確定拠出年金の運用商品を比較するオススメのサイトについて紹介されてる部分を見落としてたことに、今頃になって気付きました。参考にさせていただきます。ありがたいです。

ところで、ここのところキングスレーかボブスレーか知りませんが、法的にも内容的にもグレーゾーンのようなものがやたらと関心度が高いようで不思議です。ホリエモンさんの次は、アンカーポートさんが活躍されるのでしょうか。いずれも、想定内の展開だといいですね。

さて、素朴な疑問ですが、キングスレーとかというのと比較して金融商品とは違いますが、法的・制度的にも比較的整備されているように見え税制面でもメリットがあるように思える個人型確定拠出型年金なのに、少なくとも私の身の回りでは全然普及・啓蒙されていませんし、関心もってる人も全然いません。

私の知る限り、あまりマスコミやネットでも取り上げられてるようにも見えませんし。

なぜでしょう?

何か制度面などで問題や悪い要因・理由など、考えられることはあるのでしょうか?単に、知らない人が多いだけなんでしょうか?

以上、素朴な疑問でした。失礼しました。
  • しがない会社員
  • 2006/02/28 10:33 PM
しがない会社員さん

コメントありがとうございます。

> 何か制度面などで問題や悪い要因・理由など、
> 考えられることはあるのでしょうか?
> 単に、知らない人が多いだけなんでしょうか?

うーん。よくわかりません。

そもそもマスコミでは投資信託、自体あまり取り上げられないですよね。
書店の投資本コーナーに行っても、最近は短期売買のノウハウばかり。

確定拠出型年金とは言っても所詮、投資信託ですから。
しかも60歳にならないと引き出せない。
金融機関にとっては手数料が低いのであまり儲からない
(投資家にとっては良い面なのですが)。

そんなところでしょうか。
  • ゆうき
  • 2006/02/28 11:46 PM
しがない会社員さん

少なくとも私の知る限りDC専用ファンドはすべて無手数料です。
DC専用でない場合も販売手数料は販売会社が任意に決められる上に管理手数料を受け取っているのだから販売手数料はたぶんゼロだと思います。そうでないと競争力の面でDC専用より不利だろうから。

複利効果については私の考えすぎかもしれません。
理屈の上では運用面での複利効果による差の拡大はありますが、大勢の人のお金をまとめて億単位の規模で運用しているのであまり気にしても仕方ないかも。
そして運用時には複利効果で資産が膨らんでも受け取る金額は投資口数に応じた比例配分です。だから受け取る時点で運用資産が10倍になれば「差額」も10倍になるだけで、複利的な差の拡大はありません。
ただし、DC専用ファンドでも分配金を出しているところがあることに気がつきました。DCの性格上、分配金はすべて税金を源泉徴収されずに再投資に回されるはずなので、保有口数が大きいほど再投資される金額も大きくなり「複利効果」が生まれることになります。

でもですね、確定申告のシーズンになったので気づいたんですが掛金を全額控除できるので1.8万円×12回=21.6万円、課税対象所得額が330万円以下だとしても20%なので4万円ほど税金が安くなります。ひと月あたり3600円。
所得が大きければさらに大きくなります。(700万円以下:月5400円、900万円以下:月5940円…)

つまり手数料が普通の投信よりも割高でも、最終的には手数料分以上に安くなっちゃうんですよ。
「1.8万円出して1.75万円しか投資できない」と考えたのは間違いで「実質1.44万円分のお金で1.75万円投資できる」というわけです。すごいですね!
いまさらですが、私自身もびっくりしてます。(去年のうちにちゃんと計算すればよかった)

60歳以上にならないと受け取れないという制約はありますが、老後の資金としては一般の投信より圧倒的に有利ですね。
  • アルビレオ
  • 2006/03/01 1:02 AM
ゆうきさん、アルビレオさんへ

お礼の連絡が遅くなり失礼致しました。ここ2日ほど都合で自宅PCを離れていたもので、勝手に質問しときながら今頃すみません。

大変にわかりやすくご回答くださり、よく理解できました。

ありがとうございました。

自分なりに、ある程度の納得ができるようになってきたので今後は、個人型確定拠出年金への加入に向けて実行段階に移り、会社に国民年金基金連合会への事業所登録申請をしてもらうように交渉して、一山超えて事業所の登録が済めば、じっくりと勉強しながら運営管理機関を選定して、約30年程度にも及ぶ長期の老後資金形成のための投信・積立をボチボチと開始しようかと思います。

また何かいい情報やお考えなどございましたら、ご教示ください。

色々と個人投資家にとって勉強になることを沢山に載せていらっしゃるので、ぜひまた立ち寄らせていただきたく、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。
  • しがない会社員
  • 2006/03/03 2:03 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
年末で、今年も残りわずかとなりました。年末といえばカレンダー。株主優待の一環なんでしょうか、武田とキャノンからカレンダーが送られてきました。キャノンの方はさすがと言うか美しい写真で見ごたえがあります。がしかし、実用性を求めるオサーンとしては、日付欄に
  • オサーンの投資 事始め
  • 2005/12/10 2:56 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)