ボンドセレクトトラストとシティカレンシーは外貨MMFより有利

外貨MMFをはじめとする「公募外国公社債投資信託」は分配金に対して、20%の源泉課税が行われるが、売却時の売買益に対しては非課税になる。
しかし、「公募外国公社債投資信託」にもノムラ・ボンドセレクトトラスト(BST)やシティ・カレンシー(正式名はシティマネー、現在新規取り扱いは終了)といったように、分配金をまったく出さないで運用されているものもある。したがって、これらのファンドは分配金に対しても売買益に対しても非課税となるのだ。

ノムラ・ボンドセレクトトラストは、米ドル、ユーロ、英ポンド、加ドル、豪ドル、NZドルの7種類。シティカレンシーの場合は米ドル、ユーロ、英ポンドの3種類。

2013/12/28追記:公募外国公社債投資信託に関する税制は2016年に改正され、上記の節税策は使用できなくなります。詳しくは2016年から投資税制一本化〜外貨MMFやゼロクーポン債の節税策を封鎖を参照。

関連記事:
・外債インデックスファンド・ボンドセレクトトラスト・ゼロクーポン債の比較

コメント
トラックバックありがとうございました。

最近はシティバンクは放置状態ですが、シティカレンシーは続けています。
分配が無くて税金がかからないというのは、10年以上などの長期で効いてくると思います。
>ボンドセレクトトラストとシティカレンシーは
外貨MMFより有利

では、ボンドセレクトトラストとシティカレンシーを比べると
どちらが有利なのでしょうか?

教えていただけると嬉しいです。
  • bitterchoco
  • 2007/01/10 5:53 PM
BSTとカレンシーとの差は些細です。

購入のしやすさからすればBST(カレンシーの最低購入額は $4,000-から)、信託期間が無期限なのを信じるならばカレンシーと言った程度(BST の信託期間は 13.12.31 まで)。信託報酬は同程度のようです。

手始めに双方の目論見書を入手してみては如何でしょうか。「購入のしやすさ」という一面が理解していただけると思います =)。
  • Mc.N
  • 2007/01/10 10:34 PM
以前両者の利回りを比較したときに、BSTの方が若干上回っていたような気もしますが、基本的にそんなに変わらなかったという印象を持っています(そのときの資料はもう手元にないのですみません)。なお為替手数料は、シティよりも野村のほうが安かったと記憶しています。
  • ゆうき
  • 2007/01/10 11:58 PM
円転は CITIBANK を使わないという選択肢も =)。ある程度纏まった金額なら他の金融機関を使って海外送金を利用するという手も。未確認ですが野村證券→CITIBANKの外貨送金は無料らしいという話を聞いたことがあります。

カレンシーの運用報告書によると 2005 年度の収益率は米ドルで 2.93%、ユーロで 1.48%、ポンドで 4.05% とのこと。
#良いか悪いかは各自の判断にお任せします。
-----
カレンシー(米ドル)の運用実績(らしい
http://www.iht.sp.co.gg/fiv/fiv/fund/en/index.cfm?sedol=419875&class=OS&currency=USD
-----
  • Mc.N
  • 2007/01/11 12:34 AM
野村外貨MMFからシティ外貨預金口座は無手数料です。詳しくは下記を参照ください。

http://fund.jugem.jp/?eid=2
  • ゆうき
  • 2007/01/11 12:50 AM
それよりも現在シティバンクのwebサイトではシティカレンシー/シティマネーが見当たらないのですが…
もしかして、もう新規購入はできないのでは?
  • アルビレオ
  • 2007/01/11 1:38 AM
それ、最近始まったこと事ではないです。

少なくとも去年の 9 月までは購入できています。CITIBANK の胡散臭い抱き合わせ金融商品に「カレンシーは除く」とか記載があるので、多分、大丈夫でしょう。目論見書入手するのにも相当苦労すると思いますが =)。

後、今村証券でも扱っているようですが詳しくは分かりません。
-----
http://www.imamura.co.jp/sell_NOW/citicurrencies/citicurrencies.asp
-----
  • Mc.N
  • 2007/01/11 2:14 AM
  • bcshu
  • 2007/01/27 9:23 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
日本のシティバンクに口座を持ってから10年近く、結構長い付き合いになる。個人向け...
  • Gabbiano Investments
  • 2005/10/18 12:20 PM
シティ・カンレシーと野村ボンド・セレクト・トラスト(BST)という金融商品があります。外貨MMFと同じく海外の短期債券で運用される外貨建のファンドで、リスク・リターンも外貨MMFとほぼ同じです。前者はシティバンク、後者は野村證券の取扱いで、選べる通貨はそれぞれ
  • voxmundi
  • 2005/10/18 9:32 PM
外貨MMFよりも税制が有利なボンドセレクトトラスト。 丸八証券の豪ドルスプレッドは野村より安いみたいです。
  • ジャスティスの必殺外貨MMF
  • 2005/11/06 10:30 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)