バブル対策が遅れた理由



香西泰・白川方明・翁邦雄著「バブルと金融政策〜日本の経験と教訓」を読んだ。80年代後半の資産バブルでは、土地や株式の資産価格がうなぎ上りうだったが、物価は安定していた。そのことが
バブルへの対策を遅らせた主な原因だと本書は指摘している。なぜそのような状況が起きるのか?急激な円高による原材料物価の低下が主な原因だとしている。

現在、バブルの頃とは規模こそは違え、異様な低金利下で土地の価格は急激に上昇している。先日、日銀は金利を引き上げたものの、物価に確かな感触を感じていないようだ。現在の物価安定は世界的なもので、これはおそらくグローバル化による生産コストの低下(特に中国)が主な原因だと思われる。

物価安定は中央銀行の最大の目標ではあるが、物価だけを見た金融政策は見誤る可能性がある。結局、現実が金融政策の教科書を大きく超えてしまっているということなのだろう。グローバル市場の中で、中央銀行が果たせる役割がますます複雑化し、縮小しているということなのかもしれない。

関連記事:
・89年のバブル相場を振り返る

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)