ヘッジファンドとは何か?

ヘッジファンドは近年の株価低迷から注目されているが、個人投資家がヘッジファンドの仕組みや投資方法を十分に理解しているかどうかはいささか疑問である。ヘッジファンドを販売する上で、必要な説明とはどのようなものかを考えてみた。
1. まずは「売り(ショート)」のポジションを理解してもらうこと

通常の投資は、買いで行われるので、ほとんどの人が「買い(ロング)」のポジションは理解できるだろう。しかし、「売り(ショート)」のポジションを頭でイメージするのは初心者にとって難しいはずである。「売り」とは、「他人から証券等を借りて売りからスタートする取引を行い、ある期日までに、あらかじめ決められた単位の証券等を手数料を加えて返却する取引」である。例えば、A社の株を100株借りてきて、株価1000円で売り、500円になったときに買い戻して、100株を返却することで、5万円儲けることができる(手数料を除く)。通常、ヘッジファンドでは、株式、債券、通貨、商品などの「買い」と「売り」を組み合わせることで収益を目指すため、「売り」をイメージできないと、どのように絶対収益を目指すのかを理解するのは難しい。

2. 小さな価格変動を借り入れにより大きな収益機会とすること

株式や債券を組み入れた通常の投資信託は、投資資本の増大(キャピタルゲイン)と利子・配当の分配(インカムゲイン)を収益の機会として、運用されている。一方、通貨や商品の市場はインカムゲインは存在しないので、価格変動を収益機会とするゼロ・サムの市場で取引を行う。ヘッジファンドは、株式、債券、通貨、商品などの小さな価格変動の積み重ねを主な収益機会とする運用を行う。通常、これらの価格変動は小さいため、投資元本を担保として短期の借り入れを行い、運用資金を大きくすることで、収益機会をつくる。この機能を「レバレッジ(てこの作用)をかける」と呼んでいる。ただし、収益機会が増大する分、リスクも増大しており、理論(過去の値動きから想定される動き)を越えた値動きを示した場合、大きな損失を生み出すこともある。

3. 理論価格への収斂(しゅうれん)という考え方を理解する

この考え方は、債権アービトラージというヘッジファンドの中のいち投資手法で主に使うものである。本ブログ記事債券投資の基本でも書いたが、以下で債券の価格がどのように決まるかを書いてみる。

・債券価格は元本と将来にわたる利子の合計を現在価値に置き換えた(専門用語では「割り引いた」)ものである。
・多くの人がモノの値段が上昇すると予測している場合(つまりインフレ)、債券価格は低下し、利回りが上昇する。つまり債券価格はその通貨の期待インフレ率と反比例する。
・債券の利率は償還期間によって異なる。一般的に短期債券よりも長期債券の利率は高くなる。
・縦軸に利率、横軸に時間とするグラフを書くと急激な上り坂の後、ゆっくりとした上り坂の右肩上がりのカーブになる。これをイールドカーブという。

つまり、債権アービトラージは、通貨の違い、発行体の信用度の違い、償還期間の違いにおいて、将来にわたる人々の期待が異なっている場合、適切な価格(理論価格)に収まっていく、という考え方に基づいて、理論価格よりも高い債権をショートし、理論価格よりも安い債券をロングする手法である。

4. 元本確保部分に高い手数料を払っていないだろうか?

ヘッジファンドには、信用度の高い債券を組み入れることによって、元本確保を目指すファンドがある。このファンドでは、12年後に120%の部分をドル建てで元本確保することを目指しているので、約2%の利子を持つ債券を組み込むのと同じ意味を持つ。実際には投資資金すべてを元本確保部分にするわけではなく、積極投資部分の収益を徐々に組み込んでいく仕組みになっているので元本確保部分で投資する債券の利回りはもう少し高いものになるだろう。説明資料ではどの程度元本確保部分にするのかが、明らかになっていないが、いずれにしても元本部分には国債などの信用力の高い債券が組み込まれる。とすると、債券の部分まで、高い手数料を支払うことになる。

また、こうした元本確保をすることを目指すために、償還期間が限定されているが、例えば、あなたが30歳で、12年後に120%の元本確保が果たして必要なのだろうか?老後のための蓄えであれば、最初は積極的な運用を増やし、60歳に近づくにつれて安定部分の債券の割合を増やすアセットアロケーションを自分で組み立てればよいのである(詳しくは、本ブログ記事アセットアロケーションの基本を参照)。

ヘッジファンド、オルタナティブ投資についてより詳しく知りたい方は、山内英貴著「オルタナティブ投資入門―ヘッジファンドのすべて」がオススメ。

関連記事:
・ヘッジファンド(オルタナティブ投資)に対する見解の変化

コメント
こちらでは、はじめまして。ファンドの海さんのところに顔を出しているアルビレオです。
ちょっとつっこみを。

>約2%の利子を持つ円建て債券を組み込むのと同じ意味
よ〜く読まないと見つけにくいんですが、元本120%の保証はドル建てですよ。
販売説明資料の6ページ目「ファンドの仕組み」に「満期償還時、額面価額120%(ドル)の元本確保」と書かれています。

さすがに円建てで年2%だと、積極運用に回せる資金が少なすぎるかと。
  • アルビレオ
  • 2005/11/12 3:24 PM
アルビレオさん。

ご指摘ありがとうございました。さっそく訂正しました。

今後ともよろしくお願いします。
  • Yuki
  • 2005/11/12 3:33 PM
こんにちわ。先日イーバンクからメールが来て「へぇ、イーバンクも投信始めたんだなあ」なんて思って見てみたら、いきなりヘッジファンド一本なものでビックリです。それにしてもよく分からないのはファンドに「安定運用」部分を設定するところです。商品名の投資先ではない部分に勝手に安定運用部分を設定され、運用成果がごまかされてしまうのは不愉快きわまりない。最近興味をもったイートレードの「SBI-未公開株組入ファンドIII」大和の「ダイワ・オルタナティブファンド・シリーズ “RICI”連動元本確保型ファンド」も「安定運用」部分が相当あったのでやめました。なぜこんなことするんでしょうね?「投資家のためを思って」では絶対にないと思うのですが...
 トラックバック本当にありがとうございました☆
分かりやすい説明で、大変、為になりました
12年後に120%は、美味しくないですね。
それでは、失礼します。
はじめまして
公募外国公社債投資信託の税制について調べていたところ、このHPを発見しまして、興味深く記事を読ませていただきました。

私もノウハウを配信するHPを持っていたのですが、負担が大きく途中で挫折してしまいました。
毎日のように更新するのは大変なことですので、負担のかからない程度に頑張ってくださいね。

また近いうちにお邪魔させていただきます。
  • PT-easy
  • 2005/11/19 12:54 AM
TBありがとうございます。

それ以上に、イーバンク銀行の口座を持っている身としては、この情報は大変うれしいです。

投資信託を買って預けるにしても、たくさんしないほうがいいかも??と思いつつあります。

はっきり書かれていないので憶測になってしまうんですが、「銀行」が120%の元本と利回りを保証するということは、この部分は預金みたいなものではないでしょうか。ドル建ての定期預金の利率でもこれくらいですから。
そうなると経費は銀行もちになるかわりに運用先は銀行が自由に決めることができます。
もしも元本確保部分の経費をファンドが持つとしてもそれを差し引いた上で120%を保証しているのだろうし、債券などの手数料はヘッジファンドの手数料に比べればかなり小さなもののはずです。

○watarajpさん
私もイーバンクに口座を持っているのでちょっとくらいつまみ食いしたい気もしていますが、わざわざドル高の時期にドル建てのファンドを買いたくないので当分は様子見です。
1ドル110円を割ったら考えてみるかも。
  • アルビレオ
  • 2005/12/10 3:21 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 2005年8月1日の日経金融新聞の1ページには、「個人マネーウォーズ」の特集で「第3部リスクと向き合う(上)言いなり運用はしない」という記事が掲載されていました。  面白い内容が掲載されていましたので、2つ紹介したいと思います。個人で参考にできる部分があり
  • たけくらべ
  • 2005/11/17 12:42 AM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)