息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更

息子のジュニアNISA口座の商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更した。

もともと、息子が0歳の時(2016年4月)にジュニアNISA口座を開設し、当時、信託報酬が割安のインデックスファンドだった「たわらノーロード先進国株式」を1万円分購入してほったらかしていた。

金額が1万円なのは、息子が20歳になった時に低コスト、非課税の長期分散インデックス投資のメリットを肌感覚で実感してもらうツールとして活用するためで、多額の贈与を目的とした利用ではないためだ。

しかし、その後、様々な割安インデックスファンドが登場。グローバル株式に1本で投資でき、信託報酬0.142%(税抜き)のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の方がよりシンプルで合理的なため、途中売却してこちらを購入した。同商品は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で3位に入賞している。

投資額はもともと1万円程度だったが、現在は1万2千円程度になっている。

関連記事:
・ジュニアNISAの注文受付開始で「たわらノーロード先進国株式」を1万円分投資


コメント
<NISA投資、2階建てに 低リスク商品に20万円枠>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53069130W9A201C1MM8000/
>未成年を対象にした「ジュニアNISA」は23年までの投資期限を延長せずに終了する。

迷走してますねNISA制度。つみたてNISAは制度そのままで期限延長してくれたのでありがたいですが。。。
  • ハイマージェ
  • 2019/12/07 10:50 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)