五光牧場オートキャンプ場は夏の快適なキャンプ場5条件を満たす最高のロケーション

7月の連休に家族で長野県八ヶ岳山麓にある五光牧場オートキャンプ場に出掛けた。

夏に快適なキャンプをするためにはいくつかの条件があるが、なかなかすべてを満たすキャンプ場は少ない。

条件1:標高1000メートル以上

まず、夏のキャンプ場選びは標高が重要である。一般的に100メートル標高が上がるたびに気温が0.6度下がると言われており、夏は標高1000メートル以上をひとつの目安にしている。五光牧場オートキャンプ場の標高は約1300メートル。

条件2:適度な立木間隔

キャンプサイト内に適度に木があることが重要だ。木陰があればかなり涼しく過ごせる。逆に完全な雑木林に囲まれたサイトだと涼しいが湿度が高いので快適性が落ちる。五光牧場オートキャンプ場の立木の密集度は程よい間隔だった。

条件3:フリー区画

区画のあるキャンプ場だと受付時に地図上で区画を決めなければならず、目で見て場所を決めることができないことが多い。また、隣のテントとの間隔が近くなってしまうことも多い。その点、キャパシティの大きいキャンプ場かつフリー区画であれば、お互い適度な間隔を保てる。

条件4:地面が草地

サイトの地面が土や石だと快適度が落ちる。

条件5:トイレや炊事場が清潔

私が利用したトイレは電熱便座でウォシュレット付きだった。

これまで数えきれないくらいキャンプをしてきたが、五光牧場オートキャンプ場は東京周辺の夏用キャンプ場としてはベストだと思った。

関連記事:
・東京周辺のオートキャンプ場の相場はなぜこんなに高いのか?


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)