新着記事/関連記事

キャッシュレス社会のスウェーデンではICチップ内蔵のクレジットカードが必須

出張でスウェーデンに来ている。スウェーデンは世界一のキャッシュレス社会と言われており、逆に現金が使えないなんてことも多い。
例えば、空港からのバスはカード決済のみ。地下鉄も券売機はカード決済のみで、現金で切符を買う場合はキオスクで購入することになり、観光客の多い駅や時間帯は大混雑だ。

そんなクレジットカード優先社会のスウェーデンであるが、日本人にとってさらに大きなハードルなのが、カード決済端末の多くでICチップ内臓のクレジットカード(カードの中央に金色の四角いチップが内蔵されているカード)しか受け付けていないことだ。

私は常時3枚のクレジットカードを持っているが、メインのセゾンアメックスはICチップが内蔵していないので使えず、サブのビューカード(VISA)はICチップが付いているもののなぜか使えず、もうひとつのサブのヨドバシカメラのゴールドポイントカードがようやく使えた。

クレジットカード優先化はスウェーデンのみならず北欧各国で進んでいる。その背景にはこれらの国がユーロ圏に参加していないため、独自の通貨制度を採用しやすいことがあるようだ(脱現金化の進む北欧諸国の電子決済事情と旅行者への注意点参照)。

これまでクレジットカードのICチップの存在についてはまったく気にしていなかったが、初めてその重要性を認識した次第だ。

関連記事:
・ユーロ圏で1セント・2セント硬貨が廃止へ〜日本でも1円玉の製造コストは1円以上

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント