新着記事/関連記事

日銀が日経225銘柄の9割で上位10位以内の実質大株主に〜国内上場ETFの55%を保有

ブルームバーグに「ETF爆買いの果て、日銀が日経平均企業9割で実質大株主−試算」という興味深い記事が掲載された。
記事によると、日銀のETF買い入れ累計額が2016年3月末で推定8.6兆円となり、日銀が日経平均採用銘柄225銘柄のうち、約200社で上位10位内に入る実質大株主になっているとのこと。また国内上場ETF全体の55%を保有しているとのこと。

日銀の株式保有率が高いと推定される企業としては、ミツミ電機、アドバンテスト、ファーストリテイリング、太陽誘電、TDK、東邦亜鉛、トレンドマイクロ、コナミホールディングスなどがあがっている。

東証の時価総額は約600兆円なので、日銀がTOPIX連動ETFのみを買い入れていれば2%程度の株主でしかない。一部の銘柄で10%前後の大株主になってしまう理由は、日銀がETFの時価総額に比例して購入しているため、日経225連動ETFを大量購入しているからだ。結果、上記のような日経225の値かさ株を実質的に大量保有してしまった。

日銀はGPIFと並ぶ日本最大のインデックス投資家である。自らの売りが自分の首を絞めるような運用をするべきではない。

関連記事:
・日銀は日経225連動ETFを購入するべきではない〜値かさ株への集中投資を回避すべき

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)