金融庁監督局長が通貨選択型投信の複雑性や高い手数料体系を批判

金融庁が通貨選択型投信など「2階建て」「3階建て」投信の監視を強化するとのこと(ブルームバーグ)。
記事によると、遠藤監督局長が「長期投資の精神と両立せず、疑問がある」と指摘。「複雑な商品は説明が複雑で顧客も理解しづらい。言い過ぎかもしれないが、高い手数料を取るために売るんじゃないかと思ってしまう」と述べたとのこと。

金融庁の指摘は適格だ。ただ、具体的な規制導入には言及しておらず、業界の自主的な取り組みに期待する姿勢を継続するようだ。そのような自浄作用がうまく働くとは思えないが・・・

関連記事:
・いっそのこと分配可能原資の制約を撤廃した方が毎月分配型投信が健全化するのでは?

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)