新着記事/関連記事

楽天証券が開始したiシェアーズETF分配金の軽減税率サービスはネット上で完結

楽天証券がiシェアーズ東証上場ETF7本の分配金源泉税の軽減税率サービスを開始した。
楽天証券「iシェアーズETF分配金の軽減税率適用サービスのご案内」によれば、iシェアーズ先進国株ETF(銘柄コード1581)やiシェアーズエマージング株ETF(1582)を含む東証上場の7本のETFの分配金にかかる米国源泉課税(30%)が日米租税条約上の軽減税率(10%)になるとのこと。

SBI証券の場合はWEBか電話で書類請求した後に、郵送で同意書を提出しなければならないが(SBI証券「分配金米国源泉税軽減税率適用サービス」参照)、楽天証券の場合はネット上で同意できるため、申し込みが容易になった。

楽天証券の口座開設・資料請求はこちら

関連記事:
・楽天証券とカブドットコム証券がiシェアーズETFの分配金軽減税率適用サービスに対応へ

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)