新着記事/関連記事

ポートフォリオの円短期資金の割合が5%から25%に拡大〜趣味としての逆張り投資

私は相場の状況によってポートフォリオの円短期資金の割合を調整している。
通常、ポートフォリオの円短期資金の比率は5%程度であるが、年初から売却と新規投資の抑制を進めており、以下の通り約25%になっている。

  • 2014年12月末:約6%
  • 2015年3月:約14%
  • 2015年6月:約20%
  • 2015年8月:約25%

インデックス投資はバイ&ホールドが基本とされており、私も基本的にはバイ&ホールドなのだが、趣味として部分的に逆張り投資を試みている。今年に入って円短期資金の比率を高めている理由は、以下の通り:

  • このところ急激に株価が上がり過ぎたこと。
  • 株価上昇が世界的な金融緩和に依存してきたこと。
  • FRBが政策金利を上げようと検討していること。
  • 中国の経済成長が急激に低下していること。

果たして、この試みは成功するかだろうか。

関連記事:
・株価が約半分に急落したリーマンショックで大損失を受けた記憶がない理由

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント