消費税増税で拡大する国内投信/ETFと海外ETFとの信託報酬ギャップ

2017年10月には消費税の8%から10%への増税が予定されている。
国内籍の投信やETFの信託報酬には消費税が課されるが、増税になれば信託報酬の負担が増える。例えば1000万円の資産を0.5%(税抜)の信託報酬で運用していた時、税込の信託報酬率は0.55%となる。

金額にすると信託報酬(税抜)が約5万円になり、消費税額は約5千円だ。5000万円の資産であれば、信託報酬(税抜)が約25万円で、消費税額は約2万5千円になる。信託報酬に課される消費税は、確定拠出年金でもNISAでも非課税にはならない。

したがって、消費税が増税されると、信託報酬に消費税が課される国内籍の投信やETFと、日本の消費税が課されない米国上場のETFや東証に重複上場している米国籍ETFとの信託報酬ギャップがますます拡大することになってしまう。

消費税が将来に渡って10%で収まるのであればまだ許容範囲かもしれない。しかし、日本の財政状況を考慮すればとても10%で収まるとは思えない。国内籍の投信やETFの信託報酬は低下傾向にあるが、長期トレンドでは再び米国籍ETFとの信託報酬ギャップが拡大してしまうかもしれない。

私は現在、国内籍ETFをメインの運用商品にしているが、この信託報酬ギャップの長期トレンドを想定すると、米国籍ETFの割合を増やしていくかどうか、悩みどころである。

関連記事:
・先進国株・新興国株で米国上場ETFから国内上場ETFへ投資商品を変更

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)