新着記事/関連記事

インド株ETFをユナイテッドワールド証券が取り扱い開始

ユナイテッドワールド証券が香港上場のインド株ETF「iシェアーズBSE-SENSEXインディア・トラッカー」の取り扱いを開始することになった。
また、以下の証券会社でも買うことが出来るという。

・松井証券、オリックス証券(投資信託にハマる行政書士さんの記事参照)
・マネックス証券(浦和レッズファンの投資日記参照)
・楽天証券(楽天証券ホームページ参照)

最低売買代金は4万5000円からとのこと。予想PERが26倍とインド株を買うタイミングとしてはあまり乗り気になれる時期ではないが、ネット証券によるこうした海外ETFの取り扱いの多様化は大歓迎だ。どんどん進めて欲しいと思う。

関連記事:
・日本で購入できる海外ETFリスト

コメント
いつも勉強させて頂いております。

iシェアーズMSCIインディアETFであれば、野村證券でも取り扱っておりますよ。個人的に興味津々なのは、iシェアーズDJユーロストック50ですが。
  • ninja
  • 2007/01/18 1:34 AM
ご指摘ありがとうございます。早速修正しました。
  • ゆうき
  • 2007/01/18 8:05 AM
いつもたくさんこのサイトで勉強をさせて頂いています。コメントなり、こういうサイトで情報発信するのは初めてで場違いな内容であればお許し願います。

例の「Eトレードで海外ETFを扱ってもらおう」キャンペーンを僕個人もやらせて頂き、Eトレード以外にマネックス証券にもメールを送りました。 先に答えを申し上げますと、香港市場に上場している各種中国関連ETF(香港REITのETF含む)はマネックスでも既に購入可能!という答えでした。それを受けて、待てよ!香港市場上場ETFだから変えるのなら、iシェアーズインドETFもマネックスで購入できるのでは?と再質問。 マネックス証券からの回答はYES,インドETFも香港市場に上場しているので買えます!とのこと。 ここからはド素人の推測で恐縮ですが、香港市場に上場しているありとあらゆるETFはマネックスでもう既に買えると言うことでしょうか? 以前、このサイトで海外ETF取り扱いには当局への申請認可的な作業が必要と読んだ記憶があるのですが、どう考えるべきでしょうか?  ご参考までに、マネックス証券と私のメールを下記に添付致します(チェーンメールになってますので一番下から順に上へとお読み下さい)。 これからも梅屋敷商店街ランダムウオーカーとこのサイトでたくさん勉強して、そして何か情報発信出来るよう国際分散投資家として頑張りますのでどうぞ宜しくお付き合い願います。

---------------------------------------------
◇◇◇◇マネックス証券からのご回答◇◇◇◇

下記のとおり回答させていただきます。

回答内容についてご質問やご連絡事項がある場合は、このメール
に返信してください。

(ご連絡の内容は、下記の矢印で囲まれた行間にご記入ください。
他の部分にご記入いただくと、当社で認識できない可能性がござ
いますのでご注意ください。)
[↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓]

[↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑]

件名
---------------------------------------------------------------
海外ETF


これまでの経緯
---------------------------------------------------------------
回答 (マネックス証券) - 2007/01/18 10:24 PM
石塚 正人様
回答が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
マネックス証券 コンタクトセンターの伊東と申します。

さて、お問合せいただきました、「インド株ETF」は石塚様の
ご理解の通り、香港市場に上場しておりますので購入が可能
となります。
なお、先般私がご連絡させていただきましたETF以外に香港上場の
ETFについて私の確認漏れかもしれませんので、恐れ入りますが
銘柄名、コードなどをご連絡いただけないでしょうか。確認をさせて
いただきたいと存じます。

お手数をお掛けして誠に申し訳ございませんが、よろしくお願い申し
上げます。

マネックス証券株式会社

(石塚 正人 hironaga.ishizuka@hotmail.co.jp 様) - 2007/01/18 08:31 AM
マネックス証券 松本社長様
マネックス証券 ご担当者様


このたびはご丁寧なご回答を頂戴しまして有難うございました。
今後の運用計画の際に是非検討させていただきます。

さて、「 Eトレードで海外ETFをあつかってもらおう!」運動はまだまだ
勢いを増しているのですが、その中で、御社でも「インドETF」を
購入出来た!という情報をある情報ソースで得て驚いています。
下記には中国・香港関係の記載しか頂いてない中で、「インド株ETF」
も御社で購入出来ると言うのは事実でしょうか? この「インドETFが香港市場に

上場しているから」という理由からでしょうか?であれば、他の香港上場海外ETF

も御社で購入可能なはず、というロジックにはならないのでしょうか?

私の周りの個人投資家達も混乱しています。 是非、分かりやすい
ご説明をお願い致します。 また、なぜ、もっと海外ETFをプロモーション
しないのでしょうか? 御社としての利幅が小さくなるのは理解致しますが
「 日本の個人投資家に機関投資家・海外投資家並みの投資環境を提供する 」
ために社名の「 YをX 」にされているという社長の理念に賛同して御社での
運用資産額を増やしつつある自分としては、是非納得のいくご説明を頂戴し
マネックス証券と言うよりもユナイテッドワールド証券が取り扱っているかどうかではないですか?
  • NTK
  • 2007/01/19 11:44 AM
こんにちは、水瀬です。
トラックバックを2つ飛ばしてしまいました。
先に送った方は、御ブログを相互リンクブログと誤って紹介してしまっておりますので、お手数をおかけしますが削除願います。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
水瀬さん

トラックバックはひとつも飛んできていないようです。
  • ゆうき
  • 2007/01/19 11:47 PM
楽天証券でも取り扱いを行うようです。

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/topinfo/20070119_01_china_01.html
  • 新幹線
  • 2007/01/20 12:50 AM
>ゆうきさんへ

失礼いたしました。
昨日はうちのサーバーの調子が悪かったようです。更新やコメントも異常に遅かったし…。
あらためてトラックバックさせていただきました。
貴重な情報、ありがとうございました!
いつも、貴重な情報ありがとうございます。海外ETFをネット証券が取扱始めたことは大歓迎です。私も中国ETF・米国ETFを楽天証券で購入し始めましたが、インドETFも加わり検討を始めました。 ただ、ETFにしては割高なので、出来高が少ないことがちょっと気になるところです。トラックバックさせていただきました。
私のブログで、BSE SENSEX インディアとPCA インド株式オープン、HSBC インドオープンの過去1年と2年間のパフォーマンスを比較しました。
iシェアーズ BSE SENSEX インディア・トラッカー (2836)期待できそうな感じです。良かったら見てください。 
今後ともよろしくお願いします。
 今まで『香港市場上場の株が売買できる』=『中国株トレード』という認識でいた(証券会社のサービス内容も中国株取扱という説明だし)のですが、確かに上場していればインドETFでも欧州ETFでも買えるはずですよね。

 となると気になるのが『香港市場に上場しているETFは他にどれだけあるか』なのですが、あまり注目していなかった事もあって少し探してみても適当な情報が見つかりません。

 皆さんは見つかりましたか?
  • ハイマージェ
  • 2007/01/22 10:34 PM
私が調べた範囲では香港に欧州ETFは上場していませんでした。
http://www.hkex.com.hk/prod/etf/etftrd.htm
日興以外で欧州ETFを買うには米国か欧州の証券会社経由となるようです。
  • 2007/01/22 11:15 PM
欧州ETFは野村でも扱っていますよ

http://fund.jugem.jp/?eid=145
  • ゆうき
  • 2007/01/22 11:23 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
いつもRSSでチェックしている「ホンネの資産運用セミナー 」を読んでいて、思わず小さくガッツポーズをしてしまうニュースが出てきました。 なんと、ユナイテッドワールド証券でインド株のETF「iシェアーズBSE・SENSEXインディア・トラッカー 」
  • 幸せなお金持ち的日記
  • 2007/01/18 10:03 PM
いつも拝見している「ホンネの資産運用セミナー」に、「インド株ETFをユナイテッドワールド証券が取り扱い開始」という記事がありました。 香港市場上場のインド株ETF「iシェアーズBSE SENSEX インディア・トラッカー」
  • 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
  • 2007/01/20 8:06 AM
大阪証券取引所がETF上場制度の見直しを発表。 これにより、国内の株価指数に連動するETFだけでなく、 1、中国やインド等の外国株価指数 2、金価格や金利等の指標 に連動するETFも取り扱われるようになるようです。 読売新聞の記事によると、4月からは金
  • 投資信託にハマる行政書士
  • 2007/01/23 8:35 PM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)