新着記事/関連記事

セゾン投信は期待できるか?

私が良く訪問しているブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」と「rennyの備忘録」にセゾン投信(サイトは準備中)の新商品情報が掲載されていた。どうやら、
セゾン投信はさわかみファンドとバンガードを組み合わせたファンド・オブ・ファンズをノーロードで販売するらしい。セミナーではクレディセゾンとセゾン投信の方が「既存の投信はコストが高い」「新ファンドはローコストで」という趣旨で発言しているようだが、なぜわざわざコストの高いファンド・オブ・ファンズ形式にするのかは疑問だ。

このブログで何度も指摘しているが、長期投資を勧めるのであれば、信託報酬を重視するべきだ。ノーロードで販売することはすばらしいが、ファンド・オブ・ファンズによって結果的に維持コストである信託報酬が割高になってしまったら、長期投資には不利になるのだ。

セゾン投信には、ぜひ信託報酬で勝負できるファンドで、投信業界に風穴を開けて欲しいと思う。

セゾン投信の口座開設・資料請求はこちら

関連記事:
・セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」詳細決定

コメント
ひとつ質問があります。

『既存の投信はコストが高い』
どの程度になれば、あなたは納得できるコストだと
考えますか?
ちなみに100億円規模のファンドで1.5%の信託報酬で
1.5億円です。




  • もいち
  • 2007/01/15 9:51 PM
もいちさん

そのコメントはセゾン投信の方が発言したことで私の発言ではありませんが、信託報酬額は対象アセットによって大きく異なるので一概にはいえません。

参考となる目安は、こちらですが・・・

http://fund.jugem.jp/?eid=72
  • ゆうき
  • 2007/01/15 10:20 PM
横から口を挟んですいません
やはり資産総額に応じて信託報酬が変わるのがいいと思うのですがどうでしょうか。
1億以下とかしか使えないとなると十分な調査などができるか不安な気がします。
世の中には5兆円も集めておきながら債券の運用に1.3%も取る恐ろしいファンドがあるらしいですね・・
  • 胡乱
  • 2007/01/15 10:21 PM
そもそも日本だろうがアメリカだろうがアクティブファンドは平均するとインデックスに負けているので、私はそもそもアクティブファンドの優位性を信用していません。

ところで、調査費に金をかけたファンドの方がリターンが高いというデータはあるのでしょうか?
  • ゆうき
  • 2007/01/15 10:29 PM
そういえばインデックスファンドの場合は特に調査がいらないんでしたね・・
インデックスの方が有利という話は了解しております。

ただちょっと疑問に思ったのはアクティブの場合1億円とかで調査コストがまかなえるのかな?ということです。販売会社への払いもかなり高いし、社員は高給取りばかりなのに・・。
  • 胡乱
  • 2007/01/16 12:16 AM
過去のデータからするとインデックスファンドが
過去平均したアクティブファンドに勝利をおさめ
てきたのは事実です。ここに異論があるわけでは
ありません。
そうなれば、インデックスファンドは信託報酬を極限
まで絞った方がいいでしょう。
その一方で、インデックスファンドばかりの
世の中になっても困るようになると思っています。

>コストの高いファンド・オブ・ファンズ形式に
>するのかは疑問だ
というのは、ゆうきさんの発言だと思いますが?
また、このファンドの話題にかかわらず1%以下でも
安いとは、なかなかおしゃっておられない。
私の思い過ごしでしょうか?
コストというのを%でだけで論じているので疑問に
思ったので質問させていただきました。

>調査費に金をかけたファンドの方がリターンが高いデータ
>はたぶんないでしょう。
しかし、そんなアクティブファンドがあるからこそ、
インデックスファンドのような証券会社等にとって
儲からない商品もある程度、品揃えできるのでは?
と愚考します。アクティブファンドは必要悪と考えます。

私はあえて、インデックスファンドではないファンド
を組み入れるなら、どの程度の信託報酬が妥当なのか?
という疑問からの質問ととらえていただけると幸いです。
  • もいち
  • 2007/01/16 12:41 AM
世の中に必要かどうかで議論してもしょうがないと思います。アクティブ運用が主流だからこそインデックス運用の優位性が成り立つわけですし。

> コストというのを%でだけで論じているので疑問に
> 思ったので質問させていただきました。

でアクティブファンドを買うとして、運用額が小さくて信託報酬が割高なファンドをわざわざ買う必要はあるのでしょうか?山崎さんもおっしゃっている通りファンドの過去のリターンと将来のリターンに相関はない、ということですから、いくら過去の成績が優秀でも、小さくて割高なファンドをわざわざ選必要はないのではないかと思いますが・・・

なお、一概にはいえませんが、あえてアクティブファンドの信託報酬ということで言えば、日本株の場合は1%くらいまでが許容範囲というところでしょうか・・・
  • ゆうき
  • 2007/01/16 8:01 AM
>アクティブ運用が主流だからこそインデックス運用の優位性が成り立つわけですし。

日経平均の先物取引がインデックス運用の一種として考えるのであれば、インデックス運用は市場に相当な影響を及ぼしていると考えているのですが如何でしょうか?

特に取引が少ない時の先物はアクティブ運用の影響より超えているように思えます。

>日本株の場合は1%くらいまでが許容範囲

私もその程度が許容範囲ですね。

ベンチマーク(TOPIX) の平均配当が大体 1.2% 程度なのでそれ以上の信託報酬を取る場合、ベンチマークを上回る運用で相当苦労するのが見込まれるからかな。
  • Mc.N
  • 2007/01/16 10:18 PM
 はじめまして。

 私もファンド・オブ・ファンズには少し疑問を抱いています。
 バンガードのファンドをそのまま売ってくれるのが一番いいのですが、それが無理ならバンガード同士のファンドで構成されるのなら購入を検討したいと思っています。

 さわかみとバンガードのファンド・オブ・ファンズなら買いたくないですね。なんか抱き合わせ販売みたいで・・
>コストというのを%でだけで論じているので疑問に
>思ったので質問させていただきました。

インデックスファンドには見えないコストがあると
かの山崎さんもいっておられますよね。
(釈迦に説法とは思いますが、
   コバンザメ投資、ETFの分配金の問題等のことです)

信託報酬等の見えるコストを%だけで
論じていることに疑問を思っているのですが?

>運用額が小さくて信託報酬が割高なファンドを
>わざわざ買う必要はあるのでしょうか?
本来なら買う必要がないのかもしれません。
無理に信託報酬を実額で考えるなら、それも仕方ないか
といっているにすぎません。

あえて言うなら、
大和総研にDSI-1のインデックス情報があるのはご存知ですかと思います。
http://www.dir.co.jp/cgi-bin/dsi2_dlj.pl
ここのデータをみてみると、バリュー系のインデックスは長期で見たとき、
TOTALのインデックスを上回っています。
これは、母集団に含まれる優秀な銘柄(インデックスを上回る銘柄)の割合が
多いからでしょう。
とするなら、バリュー系の母集団から適当な数の銘柄を無作為に選んだ
銘柄郡とTOTALのインデックスでは、どちらが優秀な成績を収めるでしょう?
もちろん、そのような結果は今の現状存在していませんが、確率論でいえば、
1000回中500回を上回る確率になると思います。
そうなれば、信託報酬によっては、わたしの基準での勝てるファンドも
あるとおもっているからです。


発言の意図は

信託報酬は実額でみれば、ぼったくりだとはいえない場合もある

コストに関しては、アクティブファンドは、いまのところ
信託報酬等の見えるコストだけを比較すればいいだけですが、インデックスファンドはそうではなかろう

といっているにすぎません。
  • もいち
  • 2007/01/16 11:21 PM
もいちさん

インデックスにおけるコバンザメ投資の影響について、日経225についてはその通りだと思います。そもそも、日経225は単純平均なのであまり適していません。山崎さんが指摘していたTOPIXの浮動株調整については、結局どうなったのか私には分かりません。ただETFの分配金2重取りについては、以下の記事で議論し問題ないという結論になっています。

http://fund.jugem.jp/?eid=151

バリューのインデックスがトータルインデックスを上回る場合もあるという点は理解できました。日本市場の効率性については私も断片的な知識しかないので、今後ともいろいろと教えていただけると幸いです。
  • ゆうき
  • 2007/01/16 11:42 PM
以前なんとなく考えていたのは、セゾン投信の預かり資産が少ないので、企業として存続できるかという懸念でした。ただ数ヵ月後確認したら、残高がずいぶんと増加していたので、それっきりでしたが・・・。
日経ヴェリタス第77号の記事「独立系投信、直販モデル曲がり角」の記事で久しぶりに思い出しました。
記事はどちらかというと運用責任者交代の話が中心ですが、私としては、記事には直接は書いてありませんが、セゾン投信の預かり資産が300億円近くあるにもかかわらず未だに赤字であること、ファンドの本数は多いけれども「グロソブ」に大きく依存した国際投信の在り方といったところが改めて気になりました。
  • Baker
  • 2009/09/02 10:39 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
今日の日本経済新聞の記事によるとクレディセゾンがカード会員への投資信託の直接販売に乗り出すそうです。この記事では、米バンガード社のファンドをまとめた「ファンド・オブ・ファンズ」の商品を発売するとのことですが、
  • 資産運用試行錯誤
  • 2007/01/16 10:27 PM
1月16日の日経にクレディセゾンがセゾン投信を立ち上げ、投資信託の直接販売に乗り出すとの記事があった。同社のプレスリリースも含め、信頼できる情報はほぼないが、記事によれば、インデックス投資で有名なバンガード
  • Sophisticated AA Life
  • 2007/01/17 7:44 AM
水瀬さんが取り上げている「セゾン投信」にちょっと一言。 (セゾン投信の概要については水瀬さんのブログ記事参照のこと) 私はファンド・オブ・ファンズに対してとても否定的。 セゾン投信とやらのポートフォリオが
  • Aから始める:企業価値に基づく投資
  • 2007/01/17 10:12 AM
クレディセゾンがセゾンカード会員向けに投資信託を販売することになり、そのための運用会社「セゾン投信」が15日付けで金融庁から認可が下りたそうです。セゾン投信株式会社アメリカのバンガード社と提携して国内外の株や債券に分散投資するファンド・オブ・ファンズを
  • Site.M from 新所沢
  • 2007/01/17 11:10 PM
前々から投資信託の購入を考えていたのですが、下記の記事を読み購入に向けての行動を進めて行こうと決意しました。 20代のうちに始めて、...
  • Stay Hungry, Stay Foolish
  • 2009/09/27 6:32 PM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)