新着記事/関連記事

アジアインフラ投資銀行(AIIB)参加が非効率な理由〜出資比率から考える債券格付け問題

英国政府によるアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加表明の後、欧州や韓国など各国政府の参加表明が続いている。
しかし、AIIBに出資することは、アジアのインフラ需要を満たすための効率的な資金運用にはならない。仮に日米がAIIBに参加しなかったとき、GDP比で出資比率を割り振ると以下のようになる(参加国については朝日新聞記事「アジア投資銀、参加ドミノ ブラジル・ロシア表明、豪も有力」参照。各国GDPについては世界経済のネタ帳参照):

域内国計:48.54%
  • 中国:27.7%
  • インド:5.49%
  • オーストラリア:4.4%
  • 韓国:3.82%
  • インドネシア:2.55%
  • トルコ:2.4%
  • サウジアラビア:2.19%

域外国計:51.46%
  • ドイツ:10.63%
  • フランス:8.21%
  • イギリス:7.38%
  • ブラジル:6.57%
  • ロシア:6.13%
  • イタリア:6.06%
  • スペイン:3.97%
  • オランダ:2.5%
  • スイス:1.9%

しかし、報道では域外国の出資比率は25%程度になると言われている(中央日報)。域外国の出資比率を25%にした時の出資比率は以下の通り:

域内国計:75.00%
  • 中国:42.79%
  • インド:8.48%
  • オーストラリア:6.81%
  • 韓国:5.90%
  • インドネシア:3.93%
  • トルコ:3.71%
  • サウジアラビア:3.38%

域外国計:25.00%
  • ドイツ:5.17%
  • フランス:3.99%
  • イギリス:3.59%
  • ブラジル:3.19%
  • ロシア:2.98%
  • イタリア:2.94%
  • スペイン:1.93%
  • オランダ:1.21%
  • スイス:0.92%

そして、各国のS&Pの格付けは以下の通り(金相場情報 Let's GOLD参照):

域内国:
  • 中国:AA-
  • インド:BBB-
  • オーストラリア:AAA
  • 韓国:A+
  • インドネシア:BB+
  • トルコ:BB+
  • サウジアラビア:AA-

域外国:
  • ドイツ:AAA
  • フランス:AA
  • イギリス:AAA
  • ブラジル:BBB-
  • ロシア:BB+
  • イタリア:BBB-
  • スペイン:BBB
  • オランダ:AA+
  • スイス:AAA

2015/4/30追記:韓国の政府系シンクタンクは、国内総生産(GDP)と購買力平価(PPP)の両方を考慮して出資比率のシナリオを発表した。詳しくは本ブログ記事「アジアインフラ投資銀行(AIIB)の出資比率シナリオ〜韓国のシンクタンクが発表」を参照。

これでは、AIIBの発行する債券はシングルA程度の可能性が高く、どう頑張ってもダブルAくらいにしかならない。世界銀行やアジア開発銀行(ADB)のようにトリプルAを取得するのは難しいだろう。となると、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)よりも貸出金利は高くならざる得ない。そして、AIIBは自己資本比率がやけに高い非効率な運用しかできないだろう。

したがって、アジアのインフラ需要を満たしたいのであれば、AIIBに出資するのではなくADBに増資したほうが資金の効率的な運用になるはずだ。

関連記事:
・アジアインフラ投資銀行(AIIB)で銀行のビジネスモデルが成立するか?

コメント
>アジアのインフラ需要を満たしたいのであれば、AIIBに出資するのではなくADBに増資したほうが資金の効率的な運用になるはずだ。

あらゆる後進国もしくは発展途上国のインフレ需要に対し、世銀やADBなどの国際金融機関がそもそも効率的なのか否かという問題があります。いわゆる「格付け」の問題もこの点に鑑みて、リスクリターン分析上貸出先の多様性に対応することも考慮されていいようにも思います。

もっとも、不良債権化の懸念はありますから、まさしくAIIBのガバナンスと透明性の確保が重要ですね。そういう意味で、(財務省、外務省が消極的、経産省が積極的とのことですが、)現在参加に慎重であることは妥当だと思います。
  • キセン
  • 2015/03/30 7:12 AM
借入国にとっては、ドル建てとはいえ自ら債券発行するよりも条件が良くなるので国際機関から借りるわけで、出資国の多くにとっても、トリプルAで資金調達できるのは条件が良くなります。国際機関はこの両者の資金ニーズをマッチングしていると言えますが、既存の国際機関が効率的かどうかは議論の余地がありますが、少なくとも借入国のニーズはマッチしています。AIIBがこのニーズから外れていると、うまく運営できないと思います。
  • ゆうき
  • 2015/03/30 7:39 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
                           by ぼくあずさリンク先の論文から分かるように債券格付けの低い国のカネを集めるAIIBの債券格付けは精々+Aとなる。これは日本が主導するADBが+AAAに比べて余りにも大きい。AIIBの金利はADBに比べて割高にな
  • ぼくあずさは地球人
  • 2015/07/11 3:59 PM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)