新着記事/関連記事

米国籍ETFで欧州株・日本株に投資すると現地配当課税で不利になる?

海外の株式を組み入れているETFでは、多くの国で株式の配当に対して現地で課税(源泉徴収)が行われている。
その課税率はETFが上場している国と組入れ株式が上場している国との間の租税条約に基づいて定められているが、課税率はETFの国籍によって異なるようだ。

例えば、MSCI先進国指数の主要構成国の日本籍ETFと米国籍ETFの現地配当源泉課税の違いは以下の通り(数字は日本籍ETF/米国籍ETF):

  • 米国:10.0%/0.0%
  • 日本:0.0%/10.0%
  • イギリス:0.0%/0.0%
  • フランス:10.0%/25.0%
  • カナダ:15.0%/15.0%
  • ドイツ:15.0%/26.4%
  • スイス:10.0%/35.0%
  • オーストラリア:10.0%/30.0%
  • スペイン:15.0%/19.0%

※米国籍ETFの投資先国での配当課税率はForeign Dividends: Tax Rates, Largest Payers, ADRs and ETFsを参照。日本籍ETFの現地配当課税率はジェトロの国・地域別情報(J-FILE)の各国の「輸出入・海外進出の実務」の「税制」ページを参照。日本籍ETFの現地配当課税率は「取り戻せない海外源泉徴収税の実態を知る」にも詳しい。

日本人が米国籍ETFで米国株に投資すれば、米国株の配当は非課税で、ETFの分配金支払い時に米国で10%、日本で約20%が課税される。ただ、確定申告をすることでETFの分配金支払い時に米国で徴収された10%の一部を取り戻すことができる。そのため、日本籍ETFで米国株に投資するよりも課税上有利になる。

しかし、フランス、ドイツ、スイス、オーストラリア、スペインなどの株式を米国籍ETF経由で購入すると、日本籍ETFから投資するよりも配当に高い源泉課税が掛けられてしまうことになる。

また、米国籍ETF経由で日本株を購入すると、日本株の配当時に10%、ETFの分配金支払い時に米国で10%、日本で約20%が課税される。確定申告をすることでETFの分配金支払い時に米国で徴収された10%の一部を取り戻すことができるものの、日本籍ETFで日本株を買うよりも課税コストが増大してしまう。

したがって、信託報酬等の維持コストを考慮しなければ、米国株の部分は米国籍ETFで、日本株や欧州株の部分は日本籍ETFで投資するのが、課税コストを最小化するベストな方法になるだろう。維持コストを考慮しても欧州株・日本株の組み入れ比率によっては米国籍ETFではなく、日本籍ETFの方が有利になる場合もあるだろう。

なお、本日よりUBSのETFが東証に上場したが、ルクセンブルク籍ETFの現地配当課税については情報が見つからなかった。もし、分かる方がいたらぜひ教えて頂きたい。

関連記事:
・国内上場ETFを使ってバンガードVTに近いポートフォリオ&維持コストを実現できるか?

コメント
・・・ファンド本体が投資先国の株式配当取得時にかかる課税まで考え出すと、もうキリがないですね(汗)。

突き詰めていけば個別株の配当だってそもそも会社で利益に対する法人税が引かれる→配当金を受ける側がさらに課税されるわけですし、そういった面倒をお任せできるからこそのインデックスファンドであり指数連動ETFだと思います。

あ、ルクセンブルグ株式の現地配当課税はわからないですが、ルクセンブルグなどタックスヘイブン国(=他国と租税条約を結んでいない国)の外国籍投信を経由した場合における源泉徴収課税率についてはココでまとめてくださっていました。


<投信フォーカス 取り戻せない「海外源泉徴収税」の実態を知る>
http://money.fanet.biz/study/learning/fund/selection/189.html

2011年と情報が古いですが、ルクセンブルグと日本の租税条約状況をみる限り、他国との租税条約は進んでいなさそうです。

<日・ルクセンブルク租税条約改正議定書>
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/shomei_48.html


ご参考まで。
  • ハイマージェ
  • 2015/03/18 8:36 PM
申し訳ありません。ご紹介したURLは本記事のリンクにありましたね。
失礼しました。
  • ハイマージェ
  • 2015/03/18 8:40 PM
調べてみたところ、既にルクセンブルクはEU全加盟国とほとんどのOECD加盟国と租税条約を結んでいるそうです。
ルクセンブルク籍のETFがアメリカ株に投資する場合、
15%の源泉徴収課税率が現地で課されます。
アメリカ以外の国は分かりませんでした。
  • ユーロ
  • 2015/08/27 10:48 PM
ありがとうございます。米国株配当に対しての源泉課税は日本から投資するより高いですね。ただ肝心なのは欧州各国の源泉税率ですね。
  • ゆうき
  • 2015/08/27 10:55 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)