新着記事/関連記事

東京周辺のオートキャンプ場の相場はなぜこんなに高いのか?

1980年代後半のオートキャンプブームで東京周辺には数多くのオートキャンプ場が建設された。
今やブームは去り、夏休み・連休以外はガラガラの状況だが、東京周辺のオートキャンプ場の相場は5000円〜6000円と、強気の価格設定が未だに続いている。

オートキャンプ場の1区画は車の駐車スペースを入れても車3〜4台分。トイレ、炊事場、シャワールーム、ごみ捨て場等の維持管理は必要だが、ホテルや旅館と異なりベッドメイキング、シーツの回収・洗濯、食事提供も不要だ。それでも価格が高いのは、利用者が夏休み・連休に集中しており、利用率が極めて低いからなのだろう。

ただ、丁寧に調べていくと、ウェブサイトも丁寧に作り、価格も控えめのオートキャンプ場を発見することもある。そんなキャンプ場を見つけると、うれしくなってしまう。

関連記事:
・結婚式場ビジネスにおける構造的課題「保証金」

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドへの投資を見送る理由
    ハイマージェ (12/03)
  • 軽自動車の規格見直しが求められている理由〜世界のミニマムクラスとのギャップ
    ヤマト (11/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (10/19)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)