新着記事/関連記事

インデックス投資家ブロガーのアセットアロケーション

年末年始にかけて、多くのインデックス投資家ブロガーがアセットアロケーションを確認している。さっそく、それらの記事を集めてみた。
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんのアセットアロケーション

・円短期資金:17.8%
・国内株式:19.9%
・国内債券:0%
・外国株式:49.1%
・外国債券:13.2%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:不明

虹の節約&資産運用奮闘BLOGさんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:37.5%
・国内債券:15.5%
・外国株式:23%
・外国債券:23%
・不動産:不明
・オルタナティブ:5%
・その他:不明

Site.M from 新所沢さんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:24.5%
・国内債券:0%
・外国株式:43.9%
・外国債券:14.7%
・不動産:オルタナティブに含む
・オルタナティブ:17%
・その他:他、個別株を保有

rennyの備忘録さんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:40%
・国内債券:0%
・外国株式:49%
・外国債券:11%
・不動産:0%
・オルタナティブ:0%
・その他:0%

ファンドの海さんのアセットアロケーション(2006年のものを参照)

・円短期資金:不明
・国内株式:44%
・国内債券:5%
・外国株式:51%
・外国債券:0%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:不明

はむかつさんどさんのアセットアロケーション

・円短期資金:2%
・国内株式:31%
・国内債券:54%
・外国株式:9%
・外国債券:4%
・不動産:なし
・オルタナティブ:なし
・その他:なし

morimata のBlogさんのアセットアロケーション

・円短期資金:19.6%
・国内株式:72.6%
・国内債券:0.5%
・外国株式:0.9%
・外国債券:0.9%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:5.3%

投資万歩計さんのアセットアロケーション

・円短期資金:12.6%
・国内株式:39.8%
・国内債券:0%
・外国株式:6.5%
・外国債券:14.5%
・不動産:不明
・オルタナティブ:4.7%
・その他:不明

as time gose byさんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:9.34%
・国内債券:0%
・外国株式:87.81%
・外国債券:2.89%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:不明

ひで★スタさんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:33.9%
・国内債券:0%
・外国株式:34.4%
・外国債券:28%
・不動産:3.7%
・オルタナティブ:不明
・その他:不明

あけぼの倶楽部さんのアセットアロケーション

・円短期資金:国内債券に含めて合算
・国内株式:20%
・国内債券:50%
・外国株式:10%
・外国債券:10%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:10%(金&FX)

貯金生活。投資生活。さんのアセットアロケーション

・円短期資金:不明
・国内株式:20%
・国内債券:0%
・外国株式:29%
・外国債券:31%
・不動産:不明
・オルタナティブ:4%(金)
・その他:不明

うえけんの株式売買おぼえ書さんのアセットアロケーション

・円短期資金:22.2%
・国内株式:14.83%
・国内債券:49.24%
・外国株式:2.28%
・外国債券:10.9%
・不動産:不明
・オルタナティブ:不明
・その他:不明

浦和レッズファンの投資日記さんのアセットアロケーション

・円短期資金:19.62%
・国内株式:38.38%
・国内債券:0%
・外国株式:18.68%
・外国債券:12.07%
・不動産:オルタナティブに含めて合算
・オルタナティブ:11.22%
・その他:不明

みなさん、こだわりを持って資産配分している様子が伺える。なお、アセットアロケーションにこれだっという正解はないし、リスク許容度によってベスト配分は異なるので、あくまで参考として考えよう(アセットアロケーションの基本参照)。

最後に、私の2006年12月末時点でのアセットアロケーションも書いておこう。

■ホンネの資産運用セミナーのアセットアロケーション

・円短期資金:8.2%
・国内株式:7.98%
・国内債券:11.33%
・外国株式:13.38%
・外国債券:18.55%
・不動産:なし
・オルタナティブ:40.56%
・その他:なし

先日、記事に書いた通り、オルタナティブ投資は削減予定だ(ヘッジファンドに対する見解の変化参照)。あと国内債券も時期を見計らって売却予定。外国株式、国内株式、外国債券に投入予定だが、現在は株価は高値更新中で、為替も円安更新中なので、ひと段落するのをじっと待っている状態だ(ユーロバブル〜外債ファンド購入は少し控えた方がよいかも参照)。

関連記事:
・管理人のポートフォリオ

コメント
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬です。
トラックバック&記事でのご紹介ありがとうございました。

こうして並べられているアセットアロケーションを見ると、なかなか壮観ですね。
それから、国内債券クラスがゼロもしくはそれに近い比率のかたが結構いらっしゃいます。
自分はゼロなんですが、世間から見たらかなり偏屈なアセットアロケーションなんだろうなと思っていました。
そうでもないのかな〜(^^ゞ
TB及びご紹介ありがとうございました^^

こうして見るとそれぞれ個性があって面白いですね。
水瀬さんが仰っているように日本債券に投資している方が少ないですね^^;
私は現在15%程投資しています。
とりあえず投資しておかないと落ち着かない感じで。^^;


私も本当は国内債券は売却したいのですが、かといって株をどかっと仕込むタイミングでもないのでそのままにしているだけです。

リスク許容度が高い方であれば国内債券を含める必要はないと思います。
  • ゆうき
  • 2007/01/04 11:18 PM
トラックバックありがとうございました。

アセットアロケーションはみなさんそれぞれの個性が現れますね。
興味深いです。
うちは公開しているポートフォリオの他に家計口座、相方の口座があって生活防衛資金やら円短期資金はもっぱら相方の口座が担ってくれてます。
自分ばっかり投資してずるいとも言われますが・・・
  • m@
  • 2007/01/05 12:04 AM
TBありがとうございました。
ボクのアセット・アロケーションで不明とされている資産クラスは保有していません。不動産もオルタナティブも残高ゼロです。しばらくは投資することが無いと思います。

ゆうきさんのオルタナティブのポーションの大きさは正直、意外でした。
  • renny
  • 2007/01/05 6:49 AM
TBありがとうございました。
参考にさせていただきます。
  • YSK
  • 2007/01/05 7:54 AM
rennyさん

さっそく修正しました。
  • ゆうき
  • 2007/01/05 8:40 AM
AAご掲載ありがとうございます。
正確には下記のとおりです。
・円短期資金:2%
・国内株式:31%
・国内債券:54%
・外国株式:9%
・外国債券:4%
・不動産:なし
・オルタナティブ:なし
・その他:なし
はむかつさんどさん

申し訳ございませんでした。さっそく修正しました。
  • ゆうき
  • 2007/01/05 10:41 AM
素朴な疑問ですが、ゆうきさんは、
1借金が無く
2生活防衛資金
 :勤労収入が絶たれても、再雇用までの一定期間(1,2年?)は生活水準を下げずに、生活できる資金
を確保したうえでのリスク資産による運用なのでしょうか。

>・円短期資金:8.2%
とありますが、これが2に相当するのでしょうか。

私の場合、借金はありません。生活防衛資金は、過去3年間の家計簿に基づき、防衛期間を約2年として(もう若くないので、かなり時間がかかると想定)確保しています。
で、2:リスク資産は、約4:5(運用開始時)で運用しています。
  • S
  • 2007/01/05 12:44 PM
いやー。びっくりしました。何気に読んでたら、ワタシの名が!!

超初心者のワタシが、こんなスゴイ人たちと名を連ねるなんて、とても感激です(涙
以前から拝見させていただき、日本株以外のアセットの知識はほとんどゆうきさんのブログで勉強したことばかりです。

ワタシのアセットのうち、円短期資金のほとんどは、他資産への配分を予定しています。正直、現在のような円安・株高局面にあっては、買いたい気持ちを必死に押さえているところです。

これからもよろしくお願いします。

PS 何故ワタシのブログに辿りついたのか?とても気になりますねー。

Sさん

私は借金はなく、円短期資金8.2%は、日々使う銀行口座+予備の口座です。私の場合は生活防衛資金といったイメージはなく、もし職を失ったり、病気になった時は投信を解約すればいいやと思っています。なので、円短期資金は必要最小限にしています。

うえけんさん

いつも読んでいただきありがとうございます。うえけんさんのウェブサイトは、ブログ検索で「アセットアロケーション」と検索したときに出てきたのです。
  • ゆうき
  • 2007/01/05 10:25 PM
私の場合
・円短期資金:11.0%
・国内株式:51.8%
・国内債券:0.0%
・外国株式:12.1%
・外国債券:17.8%
・不動産:0.0%
・オルタナティブ:0.0%
・その他:7.3%(外貨預金、FX)
国内現物株をつまみ食いしていたらいつのまにか極端に…

外国株のうち米国への投資はゼロです。アジアとヨーロッパの投信のみ。
2005年に投信などを買い始めたときから「米国ETFが買えるまで我慢する」という方針だったので。楽天証券ありがとう。
今年11月にUSドル建て債券が満期になるので、それを元手に買う予定。1ドル108円台のときに安く買ったドル(外貨預金)を円に戻さなかったのは正解でした。
  • アルビレオ
  • 2007/01/06 6:15 AM
ブログ「貯金生活。投資生活。」管理人のmasaと申します。トラックバックありがとうございましたm(_ _)m

こうしてアセットアロケーションがずらりと並んでいると、本当に個性があって面白いですね。私もみなさんのデータを参考にしたいと思います。正解というものがないだけに、本当に試行錯誤の連続ですから・・・(^^;)
  • masa
  • 2007/01/06 9:22 PM
ゆうきさん

ご回答をありがとうございました。

率直に申し上げて、生活防衛資金をリスク運用されている点、私には理解できません。もっとも生活防衛資金のイメージをお持ちでないということですので、基本的にリスクの少ない生活基盤をお持ちになっていると想像しました。

失礼いたしました。


  • S
  • 2007/01/08 6:23 PM
一応、私のものについても1月5日現在のものが作成できましたので、遅らせばながらも報告だけしておきます。

流動性資産 - 44.14%(普通・定期預金および、MMF・中国F・公社債投信など)

国内債券 - 13.0%(国債、社債、仕組預金) 流動性資産を除けば23.27%

日本株式 - 10.83%(個別株、ETF、投信) 流動性資産を除けば19.39% またETFとインデックス投信は2.61%

海外債券 - 14.42%(先進国債、社債、投信) 流動性資産を除けば25.81%

海外株式 - 9.82%(米国個別株、投信) 流動性資産を除けば17.59% また先進国が5.5%、中国株が1.08%、その他アジア株やBRICsなど

貴金属 - 5.01%(金と白金) 流動性資産除けば8.97%

そのほか商品ファンド、REITなど - 2.78% 流動性資産除けば4.97%
  • 新幹線
  • 2007/01/17 2:02 AM
資産運用に関する勉強を始めたところで、アセットアロケーションについてよく理解できず、色々とホームページ上を渡り歩いてこちらにきました。

質問ですが、上記の方がいうように、国内債券クラスがゼロもしくはそれに近い比率のかたが結構いらっしゃるのでが、どの書籍を見ても、必ずと言っていいほど国内債券が盛り込まれています。(リスクを分散するために、国内債権を組み込んだほうが良いと記載されている書籍が多く感じられます)
アセットアロケーションに正解はなく、リスクのとり方により個々に異なっているとの言葉を聞きますが、こちらの方々は、皆さん独自の理論を持ってそれぞれ割合を決めているとおもうのですが、もしよろしければそのあたりのことを教えてくだい。

何か、タイミングをかなりのがしているとおもうのですが、べつのスレッドに書き込んだほうがよろしいのでしょうか。


  • 2008/05/19 1:53 PM
国内債券を入れなくても運用できるのは、長期投資ブロガーに割とリスクを許容できる方が多いからではないでしょうか?
  • ゆうき
  • 2008/05/19 10:55 PM
ROMですが、いつも、このブログなどで勉強させていただいているものです。私も悩んだことですので、さしでがましく一言。

アセットアロケーションですが、公表される人によって、生活防衛資金(ゆうきさんは、イメージがないとのことですが、書籍などでは、日々の生活に必要な資金の3ヶ月分から2年分を資産運用とは別にリスクフリーでキープしておくように勧めていることが多いです。期間に幅がありますが、書籍により様々です)を別扱いにしておられるケースがあり、その場合には運用資金は積極運用なので、国内債券を入れておられないのではないでしょうか。
ちなみに、一番目に紹介されている水瀬さんも、そうしておられたと思います(どこかに、生活防衛資金は別である旨、書かれていました)。
他の方のアセットアロケーションを参考にされる場合には、その方が、金融資産全部のなかでの配分を書いておられるのか、生活防衛資金を除いた運用資金のなかでの配分を書いておられるのかに注意したうえで、参考にされればよろしいのではないかと。
  • かずさや
  • 2008/05/20 10:12 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 2006年度末のアセットアロケーションは円グラフのとおりとなった。  コストの安いものほど割合が高い傾向にある。見た目の期待リターンを上げるなら、単純に外国株・外国債券の割合を高めれば良いのだが、手数料の高さから購入しにくい状況にある。最近は「新興国」
  • はむかつさんど
  • 2007/01/05 9:32 AM
昨年度もなんとか市場から退場などという事も無くこうやってブログ続けられていられるわけでまぁなによりです。さて、オサーンの投資信託に関する資産分散ですが、非常に偏っております。 ホンネの資産運用セミナーのエントリーに習えば ・国内株式:12% ・国内債券
  • オサーンの投資 事始め
  • 2007/01/05 10:42 PM
昨年度もなんとか市場から退場などという事も無くこうやってブログ続けられていられる...
  • オサーンの投資生活
  • 2007/01/05 10:50 PM
2007年お正月時点のアセットアロケーションです。 前回ブログに掲載してから、1年くらい経過したのと、ここのところ読者のかたから同じご質問を立て続けにお受けしたこともあり、最新のものを掲載しようと思います。
  • 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
  • 2007/01/06 1:30 PM
ホンネの資産運用セミナーで投資家ブロガーのアセットアロケーションが紹介されていた
  • もーまがBlog
  • 2007/01/08 12:52 AM
昨年度もなんとか市場から退場などという事も無くこうやってブログ続けられていられるわけでまぁなによりです。さて、オサーンの投資信託に関する資産分散ですが、非常に偏っております。 ホンネの資産運用セミナーのエントリーに習えば ・国内株式:12% ・国内債券:
  • オサーンの投資生活
  • 2007/10/23 9:07 AM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント