NISA口座では一括投資か積立投資か?2014年の投資タイミングは?

NISA口座の投資タイミングが悩ましい。
経済評論家の山崎元氏は「せっかく節税が可能な期間を実質的に短縮してしまう」ため、「NISAに積立投資は向かない」と主張している(ダイヤモンド・オンライン)。

株価は予測不可能なので、期待リターンがプラスである以上、早期に一括で投資することは理論的には正しい。TOPIXの株価収益率(PER)は15.6倍、2001年以降の平均は22.2倍。米国のS&P500種株価指数のPERは16.6倍と、TOPIXに割高感は見られない。

ただ、昨年の急騰は気になるところ。経済ジャーナリストの西野武彦氏は「NISAのスタート時期が悪すぎた」「2012年の安値だった(日経平均)8295円から2013年の高値引けだった1万6291円までの上昇幅は約2倍。過去10年間の日経平均の動きを振り返ると、安値から5〜8割も値上がりすれば目先天井となるケースが大半で、2倍を大きく超えて上昇したケースはほとんどない」と指摘している(日本経済新聞)。

実際、2013年のTOPIXの年初来上昇率は49%と1999年以来14年ぶりの大きさで、1972年の101%、1999年の58%、1986年の49.2%に次ぐ。過去3回の急騰翌年は、1987年こそ10%上げたが、1973年は24%安、2000年は25%安と大幅に反落とのこと(ブルームバーグ)。

私自身はNISA口座をETFで運用するため、一括投資を考えているが、年初のうちに一括で購入するかどうかは悩み中である。

関連記事:
・2014年のアセットアロケーションの目標比率・投資戦略

コメント
私自身は年明け早々にNISA限度額まで購入済なので最早悩む事が全くないですが、各証券会社でパっ評されているNISA口座の銘柄認識ランキングは少し興味をひきました。

<SBI証券 NISA人気ランキング>
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&burl=iris_ranking&cat1=market&cat2=ranking&dir=tl1-rnk|tl2-nisa|tl3-stock&file=index.html&getFlg=on

<松井証券 上場投資信託(ETF)/不動産投資信託(REIT)ランキング>
http://www.matsui.co.jp/news/topic/archive/20140115.html


 SBI証券の個別株は人それぞれですから除外するとして、投資信託のランキングや松井証券のETFランキングの上位層はどういった判断で買われてるんでしょうね。

 私から見ると所謂「どん判金ドブ」に思えてしまうのですが。。。
  • ハイマージェ
  • 2014/01/21 7:09 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)