新着記事/関連記事

2013年に本ブログ経由で売れた本ランキング

今年1年間に本ブログからアマゾンを通じて売り上げの多かった本(Kindle含む)をランキング化してみた。
1位
山崎元「超簡単お金の運用術」:71冊(改訂版との合算)
関連記事:山崎元「超簡単お金の運用術」が全面改訂〜推奨ポートフォリオは国内・先進国株に半々

2位
北村慶「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」:22冊関連記事:北村慶「最も賢いETF海外投資法」は良書

3位
小川 一仁・川越 敏司・佐々木 俊一郎「実験ミクロ経済学」:16冊
関連記事:該当なし

4位
竹下さくら「家を買おうかなと思ったときにまず読む本」:15冊
関連記事:賃貸と購入のメリット・デメリットを冷静に分析した本

5位
釘山健「会議ファシリテーションの基本がイチから身につく本」:11冊
関連記事:該当なし

6位
山崎元・水瀬ケンイチ「ほったらかし投資術インデックス運用実践ガイド」:9冊
関連記事:ほったらかし投資術〜インデックス投資ブロガー初のリアル出版

坂口孝則「野比家の借金〜人生に失敗しないお金の考え方」:9冊
関連記事:子どもがいる家庭は住宅を買わない方が良い?

8位
安間伸「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ・投資と税金篇」:8冊
関連記事:ゼロクーポン債投資による節税法

八幡紕芦史「ミーティング・マネジメント〜効果的会議の効率的実践」:8冊
関連記事:該当なし

板谷敏彦「金融の世界史〜バブルと戦争と株式市場」:8冊
関連記事:預金封鎖・新円切替の抜け穴となっていた株式店頭取引

ちなみに、私が今年読んだ本の中で最もオススメなのは、板谷敏彦「金融の世界史〜バブルと戦争と株式市場」である。

関連記事:
・2009年に本ブログ経由で最も売れた投資本

コメント
「金融の世界史〜バブルと戦争と株式市場」の著者です。拙著をご紹介くださってありがとうございます。ただ、名前は敏彦ですのでよろしくお願いします。
  • porcobuta
  • 2013/12/27 8:31 AM
著者からお返事頂き光栄です。お名前は大変失礼いたしました。修正しました。
  • ゆうき
  • 2013/12/27 8:34 AM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
久しぶりに大公開します。レバレッジ投資実践日記を通じて、2013年の1年間(2013/1/1〜2013/12/31)に売れた書籍(kindle含む)の売上冊数をランキング化しました。管理人も驚きの結果です ...
  • レバレッジ投資実践日記
  • 2014/01/03 10:15 PM

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)