野村證券の外貨MMFからトラベラーズチェックに変換する方法

シティバンクでは顧客の口座にある外貨預金を無料で自社のトラベラーズチェックに換えてくれる(シティバンク)。また野村證券では、顧客の外貨MMFを無料で国内の銀行口座に送金してくれる(野村證券)。
この二つのサービスを応用すると、普段、野村證券の外貨MMFで運用し、まとまった外貨が必要なときに、シティバンクの口座に国内送金してもらい、それをトラベラーズチェックに換えてもらうことで、空港や街中の両替所で換金するよりもお得になる。

数万円単位の換金であればあまり変わりはないが、数十万円単位で外貨が必要になる場合は、この方法がかなりお得なのではないだろうか。

関連記事:
・ボンドセレクトトラストとシティカレンシーは外貨MMFより有利
・シティバンクのオンライン専用口座eセービングに変更

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    たわら男爵 (09/30)
  • キングスレーキャピタルは投資詐欺か?被害者は?(2)
    鼠小僧 (09/26)
  • インデックス投資ナイト2018の第三部座談会に登壇した
    キセン (07/11)
  • 映画「ラストサムライ」にみるグローバリゼーション
    pandora jewelry (04/27)
  • つみたてNISA口座の買い付け設定を実施〜信託報酬0.1095%のあのファンドへ
    ハイマージェ (04/23)
  • 日本の現金決済比率は65%で先進国平均の2倍以上〜20万台のATM維持コストは年間2兆円
    パオ (03/20)