投資詐欺「ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン」

詐欺の疑いで逮捕された海外プライベートバンク詐欺会社「ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン(GPJ)」の元社長、秦右時被告の初公判が東京地裁で開かれ、元社長は起訴事実を全面的に認めた。
All Aboutのガイド、北川邦弘氏によれば、2003年の冬、ダイヤモンド社が「スイス銀行体験記」の出版記念講演会をホテルオークラで行った際、ジェスティオン・プリヴェ・ジャポンは、海外のプライベートバンクを使った高利回りをうたい文句に、「3ヶ月で60%の利回りも可能」と宣伝していたそうだ。しかし、ジェスティオン・プリヴェ・ジャポンでは、まったく投資が行われておらず、高級車や絵画の購入などに充てられており、結局、破綻した。

私も、この本は読んだことがあるが、あまり情報のクオリティは高くない。ましてや会場で堂々と海外プライベートバンク詐欺が行われてしまったことから、この本の著者や出版社の目は節穴だったということだ。

関連記事:
・富裕層の日本人がプライベートバンクに預けるメリットはあるのか?

コメント
最近、「商品新時代」という商品ファンドが気になっております。
昨日、そのセミナー(三貴商事株式会社)に行って参りました。
尚、そのセミナーの様子も、NHKで放送されるそうです(来年1月頃)。
ただ、詳細を検討したところ、いくつか気になる点(特に、情報開示)がありますので、ご教示頂けたら幸いです。

http://www.invast.jp/fund/index.html
  • タラン
  • 2006/12/24 2:25 PM
三貴商事の営業には、個人的に腹が立っています。それはさておき、「商品新時代」という商品ファンド以前の問題として、コモディティファンドそのものに疑問を持っています。以下の記事を参考にしてください。

http://fund.jugem.jp/?eid=115
  • ゆうき
  • 2006/12/24 9:58 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
 最近、ジム・ロジャーズ氏の露出(?)が増えているように思います。その背景にはおそらく、この商品の存在があるものと思います。勿論、それだけではないとも思いますが。  ジム・ロジャーズ氏の「商品一般は供給体制が整うまで相当の時間を有し、短期的な供給増は
  • たけくらべ
  • 2006/12/24 11:33 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)