新着記事/関連記事

太陽光発電の買取価格を42円から30円台後半へ

再生可能エネルギーの固定価格買取制度で2013年の太陽光発電買取価格が1キロワット時30円台後半になる見通しとのこと(日本経済新聞)。
記事によると、茂木敏充経済産業相が2013年度は「30円台後半に引き下げることができる」との見解を表明。経済産業省の調達価格等算定委員会では、太陽光発電の価格は設備の値下げを反映して小幅に引き下げ、風力や地熱発電は据え置く方針で大筋一致したとのこと。現在、太陽光発電の買取価格は、1キロワット時42円だが、経産省幹部によると「38円か37円を中心にその前後に絞られる」とのこと。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、導入前から買取価格が高すぎるとの批判を多数受けていた。ソフトバンクや楽天、DMMなど、多数の非エネルギー企業が太陽光発電事業に参入し、バブル気味になった背景には、高すぎた買取価格にあるかもしれない。適正価格への移行を歓迎したい。

関連記事:
・日本が出遅れた50兆円の再生可能エネルギー市場

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント