新着記事/関連記事

「人質の人命を最優先に」と繰り返しても問題は解決しない

人質を取ったテロ事件が発生すると「人質の人命を最優先に」というメッセージが発せられる。
また、「テロには屈しない」というメッセージも発せられる。どちらも「建前」としては理解できるが、両者を同時に達成することはできない。

「テロには屈しない」ことを達成するには、テロリストが降伏しない限りは現場で武力介入が必要になるし、「人質の人命を最優先に」行動するには、人命リスクの生じる武力介入はできないのでテロに屈してテロリストと交渉するしかない。

したがって、この国のリーダーがやっているように「人質の人命を最優先に」と繰り返しているだけでは問題は解決しない。

「人質の人命を最優先にしてテロリストと交渉する」か「人命リスクを最小限にしながらテロに屈しないで武力介入する」の2つの選択肢しか残されていない現実を踏まえたメッセージが必要ではないか。

関連記事:
・普天間基地だけを沖縄本島以外に移す非現実性

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント