年利3.3%のドイツ銀行円建て社債の落とし穴

読者の方から「現在、マネックス証券で販売しているドイツ銀行AGロンドン発行の2007年11月28日満期、金利3.3%の豪ドル償還特約付円建て社債への投資についてどう思うか?」という質問を頂いた。
まず、円建てで3.3%という金利は非常に高い、ドイツ銀行という信用力の高い発行母体であればなおさらである。しかし、特約を読むとそれほどオイシイ商品ではないことが分かる。

特約とは、期間中、円/豪ドルの為替レートが9円以上に円高にならなければ、元本+3.3%が円で戻ってくるが、一度でも9円以上になれば、元本は豪ドルで償還されるという(ちなみに、この一年間の最高値は91円で、最低値は82円なので、9円以上の円高と言うのは今後もありうる話だ)。

つまり、失うときは底なし、利益は3.3%の天井ということだ。以前、このブログでの紹介した株価参照ファンドのように、この社債も「リスクは抱えているが、リターンは限定されている」という商品だ。豪ドル建ての1年が5%以上あるなかで、この債券に投資するメリットはほとんどないと思う。

関連記事:
・豪ドル建て元本確保型GW7つの卵連動ファンドの問題点

コメント
早速のエントリーありがとうございます。
なるほど。。恐ろしい商品ですね。

では同じマネックスのアジアフォーカスはいかがでしょう?
オルタナティブをポートフォリオに入れてみようをおもっているのですが,基準価格の算出トラブルがあって二の足を踏んでいる状態です。
ゆうきさんのご見解を伺えればと思います。
  • らば
  • 2006/11/13 8:37 PM
MRIという商品はどうでしょうか?元本確保、円建て、で高利回りですが・・・
  • 誠二
  • 2006/11/13 9:19 PM
誠二さん

よろしければこの商品のURLを教えてください。
  • ゆうき
  • 2006/11/13 9:39 PM
これのことかな?

http://www.mrius.com/japan/index.html
  • 横やり
  • 2006/11/13 10:42 PM
こちらの記事を参考にしてください

http://fund.jugem.jp/?eid=20
  • ゆうき
  • 2006/11/13 10:56 PM
どうも、はじめまして。

私、マネックスファンですが、マネックスが、なにやらあやしい仕組み債を扱う、とのことで、
ちょっと勉強してみました。
みなさんの意見をぜひお聞かせください。



この円建て社債、たしかに複雑な仕組みなので、
よくわからない物には投資しない、という基本原則により、
きちんとシミュレーションできた方のみ、
購入を考えることが必要だと思います。

そうすれば、むやみやたらに恐がらなくて済むのではないでしょうか?

ということで、ごく簡単にシミュレートしてみました。


この商品の特性は、
円/豪ドルの為替レートの変化によって、通貨、金利が変わることなので、
為替レートに見通しを持つ人だけに購入を検討するメリットがあります。

では、
どのような見通しを持つ人が買うべきなのでしょうか?

数字は適当ですが、現在、
円債券であれば、1%の金利、
豪ドル債券であれば、5%の金利が狙えるとします。

円/豪ドルの為替レートの見通しによって大きく3つに分類すると
1.円安に動く、と考える人
 ○通常の豪ドル債券を買って、為替差益+5%の金利、を得る。
 ×この円建て社債を買って、3.3%の金利、を得る。
2.あまり動かない、と考える人
 △通常の豪ドル債券を買って、為替差益(差損)+5%の金利、を得る。
 △この円建て社債を買って、為替差益(差損)+3.3%の金利、を得る。
3.円高に動く、と考える人
 ×通常の円債券を買って、1%の金利、を得る。
 ○この円建て社債を買って、3.3%の金利、を得る。

※2の損益分岐点はややこしいので省略しました

このように整理すると、
3の、「円/豪ドルの為替レートが円高に動くに違いない」
と強く信じている方がいらっしゃれば、
その人にとっては「買い」の商品になるのではないでしょうか?
「本来なら、1%程度の金利しか得られない昨今、
この円建て社債なら、なんと3.3%の金利が得られます。」という感じで。



ところで、私は買うか、と聞かれましたら、
私は、相場の見通しを持たないように(自分の勘を当てにしないように)したい、
と考えておりますので、買いませんが・・・。


マネックスファンなので、ちょっとフォローしてみました。
間違っていたら、ぜひコメントください。

では。
  • 2006/11/14 1:27 AM
円高になると考えている人なら9円円高の可能性を小さく見たりしないのでまず買いません。
今の豪ドルレートを90円/AUDとして、満期までの1年間に一度でも81円に到達すると、現在よりも10%も価値が減った豪ドルで受け取ることになります。
しかもその金利は3.3%、豪ドル1年なら外貨定期預金でも4.6%ほどなのに。
一瞬だけ81円を割ってその後円安に戻る場合は損失は小さくなりますが、それを期待するなら普通に豪ドルを買っておいた方が有利です。
つまり81円に到達した瞬間に、その後の為替レートがどう動こうが「これなら普通に豪ドルを買っておけばよかった」と後悔することになります。

「円建て」といいながら「豪ドル建て債券+ノックアウト条項つき豪ドルプットオプション」がその正体。
というわけでこれを買う人は「今後1年間豪ドルレートはあまり動かないが若干円高」という可能性に期待しなければいけません。
これに手を出すくらいなら「為替特約つき外貨定期預金」の方がまだましに見えるんですが。
  • アルビレオ
  • 2006/11/14 2:52 AM
マネックス証券のファンの方は長期投資を真面目に考えてる方が多いですが、同社を信頼しすぎです。他社と同様、投資家に有利な商品はそれほどなく、本件に関して言えば問題外と思います。
  • NTK
  • 2006/11/14 11:02 AM
比較できないかもですが、上記のMRIとホテルファンドはどちらに投資しようか考えています。どちらがいいでしょうか?
  • 2006/11/14 12:09 PM
>アルビレオさん、その他の皆さん

たろう、と申します。1:27AMに投稿した者です。
偉そうに書いておきながら、間違っていました。恥ずかしいです。

正しくは、
3.円高に動く、と考える人
 ○通常の円債券を買って、1%の金利、を得る。
 ×この円建て社債を買って、為替差損(10%)+3.3%の金利、を得る。
ですね。

勉強になりました。ありがとうございました。
  • たろう
  • 2006/11/14 12:15 PM
マネックスに問い合わせてわかったことですが、
通常、豪ドル債には往復で計140銭/豪ドルの為替手数料がかかるのですが、
この円建て債で条件が成立した時は、片道70銭/豪ドルだけで良いそうです。
これは、(90−9)円/豪ドルとすると、0.8%分に相当します。
これってけっこう大きいのではないでしょうか?

0.8%を上乗せして、4.1%だと考えると、
もしかしたら、オプションを個人が買うためのコストとしては、
良心的な範囲に収まっているのではないでしょうか?
いや、まだ高いかな。
・・・みなさん、どうでしょうか?



豪ドル資産を増やしたい人が、豪ドルMMFを買う時に、
1年分のクッションとしてこの仕組み債を購入する時にだけ、
この仕組み債、「あり」かな、と思いました。

私も長期投資家なので
そもそも片道0.8%の外債を1年満期で買うのは、
アホらしいと思ったのですが、
(来年から)外債⇔MMFが自由に切り替えられるようになったんですよね。
それを考えれば、
うまく使えば、全否定するほど、割高な商品だとは思わないのですが・・・。
(通常の豪ドル債と円債を適当な配分で買うのが、一番だと思いますが、各所で全否定されているので頑張ってフォローしてみました)
  • たろう
  • 2006/11/16 7:04 PM
たろうさんへ

> 豪ドル資産を増やしたい人が、豪ドルMMFを買う時に、
> 1年分のクッションとしてこの仕組み債を購入する時にだけ、
> この仕組み債、「あり」かな、と思いました。

なぜ「あり」なのか良く分かりませんでした。だって、そもそもこの商品は豪ドルで償還されると確約されたわけでもないし、仮に豪ドルで償還されても3.3%の利子しかつきませんよね。だとしたら、最初から5%以上の利子の付く豪ドルMMFや豪ドル債を買いませんか?
  • ゆうき
  • 2006/11/16 8:55 PM
FXなら片道5銭で年利5.6%
いつでも円に戻せる ただし変動金利
FXのほうが良くないでしょうか?
  • たけと
  • 2006/11/17 11:43 PM
豪ドルMMFや豪ドル債は、あくまで例示です。おっしゃる通り、金利がフラット化している今はFXも検討の対象になるでしょう。
  • ゆうき
  • 2006/11/18 7:04 AM
今日届いた「zai 1月号」のマネックス証券広告部分で、この債券が「イチオシ」であるとして、宣伝されていました。

他の商品との比較をしない者など、安易に引っかかってしまいそうですが・・・(今月の特集にFXがあったのは、皮肉のような気がしてなりません)。
  • 新幹線
  • 2006/11/19 11:36 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
あるネット証券で「日経平均株価連動デジタル・クーポン社債」という社債?が売られていたので商品概要を読んでみた。 商品概要を要約すると、社債の売り手(機関投資家)が、日経平均が暴落したときの損を社債の買い手(一般投資家)に押し付けるという仕組みみたいだ
  • はむかつさんど
  • 2006/11/14 11:17 AM
最初にお断りしておきますが、マネックス証券は引き続きボクのメイン口座として活用していくつもりです。 以前からマネックス松本社長の講演を何度か聞いたりして強い共感を覚えましたので(投資を楽しむ♪(まろさん)のこのエントリにも心動かされました)、応援の
  • rennyの備忘録
  • 2006/11/15 6:19 PM
 マネックス証券で、円建て債券 〜豪ドル償還特約付〜という債券の取り扱いが開始されています。  この商品、松本大氏のブログにおいては、仕組み債とのエントリにおいて、「比較的有利な商品である」と読み取れる説明がなされています。  しかし、なんとなく「仕
  • たけくらべ
  • 2006/11/20 9:26 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ゆうき (08/27)
  • 確定拠出年金(iDeCo含む)の商品数(35本)上限は撤廃すべき
    ハイマージェ (08/27)
  • 2020年7月31日現在のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (08/27)
  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)