スターンレビュー〜地球温暖化は第二次大戦に匹敵

先日の記事「ピークオイル・パニック〜石油生産ピークと地球温暖化の激震」で少し触れた地球温暖化の経済への影響について、最近、英国政府の新たな研究が発表された。英国政府の委託研究で、ニコラス・スターン元世界銀行チーフエコノミス トが作成した報告書「スターン・レビュー」では、地球温暖化による将来的な経済的損失は世界各国の国内総生産 (GDP)総計の約20%に上ると指摘した。
報告書「スターン・レビュー」の概要は以下の通り。

1. 二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス削減に向けて国際社会が行動を起こさなければ、地球温暖化による将来的な経済的損失は世界各国の国内総生産 (GDP)総計の約20%に上る。これは、第一次、第二次世界大戦の被害規模に匹敵する。

2. 温暖化対策を取らなかった場合、今後50年間で地球の平均気温が2〜3度上昇する。自然災害が多発し、今世紀中盤までに2億人が自宅を失い、15〜40%が絶滅の危機に直面する。

3. 今すぐに温暖化防止を始めれば、これにかかる費用は年間、世界のGDPの1%(約300億ドル)ですみ、経済発展と両立することが可能である。つまり「行動しないこと」のコストが、必要な対策のコストを圧倒的に上回る。

なお、報告書の本文はこちらのサイトからダウンロードできる。

なぜ、この研究結果が注目されているのか?それは、この「スターン・レビュー」が「これまで行われた地球温暖化の経済影響調査の中でもっとも包括的なもの」と評されているからだ。特に、予防コストと被害コストを比較し、GDPの1%のコストで20%の被害コストをカバーできると算出した点で評価できるだろう。

金融論の世界では、株価は「その企業の将来の配当を現在価値に割り引いたもの」と言われている(株式投資の基本参照)。つまり、将来になればなるほど配当の不確実性は下がるわけだから、ゼロに近くなると考えるわけだ。現在、株価収益率は20倍程度だが、これは、20年以上先の利益を先取りしていることになる。

とすると、果たして現在の株価に、ピークオイルや地球温暖化の影響は織り込まれているのか?という疑問がわいてくる。おそらく投資家心理にはこれらの影響は織り込まれていないと思われる。もともとサイエンスと投資家心理の間には、情報の非対称性が存在しているが、特にこのテーマでの非対称性は大きそうだ。しかし、「スターン・レビュー」のような包括的なコスト比較調査が進めば、近いうちにこの非対称性は縮小していくのではないだろうか?

つまり、ピークオイルや地球温暖化の影響は、世界的な株価収益率を継続的に低下させる要因のひとつになりうる、と思うのだがいかがだろうか?

関連記事:
・投資家は温暖化対策によるマイナス成長を受け入れられるか?
・経済成長がマイナスになるとき

コメント
二酸化炭素の排出量

1位 アメリカ 22.8%(京都議定書外)
2位 中国 16.4%(京都議定書外)
3位 EU 13.3%
4位 ロシア 6.3%
5位 日本 4.9%
6位 インド 4.3%(京都議定書外)
7位 カナダ 2.1%
8位 韓国 1.8%(京都議定書外)

地球温暖化解説
http://www.env.go.jp/earth/cop3/kanren/kaisetu/index.html

二酸化炭素の減らし方
http://www.team-6.jp/

東京都の地球温暖化対策
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sgw/
  • uu
  • 2006/11/06 4:31 AM
  • uu
  • 2006/11/06 4:33 AM
匿名組合出資のパチンコファンドというものを発見しました。客観的にどうなんでしょうか?リスクなど・・・抽象的ですみません
  • jin
  • 2006/11/08 7:07 AM
詳細は良く分かりませんが、そもそも小規模な匿名組合のリスクは、以下を参考にしてください。

http://fund.jugem.jp/?eid=134
  • ゆうき
  • 2006/11/08 8:33 AM
ケンマー・グローバル・リソース・ファンドにつきまして、貴方様の評価をお教えくださるようお願いします。
このファンド自体の管理報酬が3%以上ある上、投資している各ヘッジファンドの管理報酬が加算されるため、下手したら毎年1割くらい手数料で取られます。手数料があまりにも高すぎます。
  • ゆうき
  • 2006/11/12 8:47 PM
最近は地球温暖化ばかりを問題にして、
異常気象の発生件数は増えているという事実はもみ消されているという気がします。
ほとんどの人は異常気象の発生件数が増えているのはしらないのではないでしょうか?

地球温暖化と異常気象との関連性は複雑系なので証明しにくいですが最近で世界規模でおこっているのは地球温暖化くらいですから、地球温暖化と異常気象との関連性はあるのかなという推論はできます。

この事実をもみけしているアメリカとかはほんとうに環境活動をやる気がないのかという疑いをもたれます。


http://www.chikyumura.org/tushin/modules/tinyd0
/index.php?id=14
  • rdjyjxx
  • 2007/03/02 9:05 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Photograph: Peter Macdiarmid/Getty (ガーディアン紙”We must pay now to avoid climate disaster, says Blair”より) ”ニコラス・スターン卿が気候変動に関する報告書を王立協会で紹介する間、ブラウン財務相とブレア首相も同席した。 ”  ナイロビで開催され
  • 温暖化いろいろ
  • 2006/11/03 5:53 PM
近い将来(あるいはすでに)、地球温暖化に伴い世界的な脅威(リスク)となってきてい
  • サステイナブルなもの -Something Sustainable-
  • 2007/01/03 9:39 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 株価大幅下落を受け通算9回の買い注文〜短期資金の配分割合を48%から40%へ
    ハイマージェ (06/26)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ゆうき (01/09)
  • EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの三重課税問題
    ハイマージェ (01/09)
  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)