本当は危ない不動産投資ファンドのリスク

REITの販売が急増している。REITは、主にオフィスビルなどに投資をし、賃貸収益や売買益などを配当金として投資家に分配する投資信託のこと。10月から郵便局で販売が始まったバランス型のファンドにも、REITが組み込まれている。
しかし、REITには、いくつかの問題点もある。

1. 通常の株や債券の投資信託に比べ、組み込む投資商品が不透明である。株式や債券であれば各企業・政府の発表する財務諸表により、価格の割安度・割高度などの判断がある程度可能。不動産価格の割安度・割高度は判断しにくい。

2. 売れにくい物件をREITに組み込むことによって、在庫処分が可能になるため、不動産業者にとって在庫をREITに組み込むインセンティブが働きやすい。

上記の問題に加えて、現在REITを購入する問題として、米国の不動産価格が高値圏であることに加え、日本の場合、日銀の金融緩和政策下で不動産価格が上昇しているため、長期金利の上昇により不動産価格が影響を受けやすいことがあげられる。

関連記事:
・不動産ファンドにカスを押し付けられるREIT

コメント
トラックバックありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
TB有り難うございます。
リートの場合、確かに中身の不透明さによる選び辛さがありますね。
TBありがとうございました。
先ほど、TBがあった事に気づきました。
大変、勉強になります。
今後ともよろしくお願いします。
  • sugi
  • 2005/10/25 7:02 PM
トラックバックありがとうございました
(*- -)(*_ _)ペコリ

REITって意外と危険だったんですね
参考にさせていただきます^^b
  • hime
  • 2005/11/08 8:01 AM
グローバルアライアンスに転職を希望したら
エージェントから
取締役総務部長がへんなやつなんでやめておけと
いわれました
転職した方が大変苦労しているようです
こんな会社どうなんでしょうか
  • RF
  • 2008/01/20 3:35 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
3月5日の日経新聞に「バブル論の杞憂」として東京で不動産バブルを警戒する声が高まっているが、それは杞憂であるという記事が掲載されている。 不動産バブルは昨年末の国土審議会の土地政策分科会で鑑定評価額の2倍以上で落札されている。などの発言が相次いだこと.
  • Foolの賢い投資 −投資信託ガイド−
  • 2006/03/06 11:50 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)