新着記事/関連記事

年1000億円の休眠口座資金を震災復興へ

私が愛読しているブログ「Chikirinの日記」に「休眠口座とか休眠宝くじとか」という興味深い記事が掲載された。
現在、持ち主の見当たらない休眠口座は10年以上取引がないと一定の手続きを経て銀行の利益に計上されてしまうが、そんな休眠口座から銀行への繰り入れは年間1000億円になるとのこと。ちきりんさんは、この休眠口座の資金を震災復興に活用してはどうか、と提案している。

フローレンスの駒崎さんも休眠口座基金を創設して被災地の子どもたちへの奨学金、起業のための低利子融資等に使ってはどうか、と提案している(日本における休眠口座基金の創設プランの策定)。

持ち主の見つからない休眠口座の資金を銀行がネコババしてもOK、という現状の制度はそもそもおかしい。公金として社会的に意義のある活動に活用するのが望ましい。当面は震災復興資金にするのが良いだろう。

関連記事:
・戦時中の旧植民地の不明郵貯口座は1900万

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ハイマージェ (06/04)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)