「プレミアムハイブリッド」と「チャイナ・フォーカス」発売開始

マネックス証券がオルタナティブ投資の投資信託2本を新たに販売することになった。未上場株へ投資するプライベートエクイティファンドとヘッジファンドをミックスした「プレミアムハイブリッド2006」と、中国、香港、台湾のロング&ショート戦略を取るヘッジファンド「チャイナ・フォーカス」だ。
さっそく、それぞれの販売資料を見てみた。以下、それぞれのファンドへのコメント。

プレミアムハイブリッド2006

・非上場株式への投資は未知数なところが多い。結局どこまでコネがあるか、という世界。新興のマネックス証券がうま味のある非上場株式を獲得できるかは不明だ。
・2012年までは解約できず、2012年〜2013年までは、解約できても解約手数料が2.5%かかる。つまり、入院しようが、家が壊れようが、これだけの期間塩付けに出来る余裕資産が必要。
・説明資料だけでは、ヘッジファンド部分の戦略が見えない。
・申し込み手数料が高額。管理報酬もファンド・オブ・ファンズ形式なので、実施の手数料は見えないが、見えている部分だけでも1.8%あり、プライベートエクイティファンドへの投資割合の目処が立たない中ではこの手数料が妥当かどうかは判断できない。

チャイナ・フォーカス

・ショート戦略は最大50%までしかとらないので、株価下降時の収益がまったく見込めない。ロング・ショート戦略としては、そもそも欠陥ではないか?
・中国・香港・台湾のうち、中国本土は先物市場がないので、ロング・ショート戦略のなかに組み込む意味はない。この部分は高い手数料を支払う必要がなく、ふつーに中国本土へ投資する投資信託を購入すれば済む話。
・ロング・ショート戦略だけのファンドで1.8%の信託報酬(成果報酬部分を除く)はやや高額。

したがって、私は今のところ様子見。

関連記事:
・渋澤健「これがオルタナティブ投資だ!」

コメント
マネックスのオルタナティブファンドについてはアジアフォーカス登場のときからウォッチしてきました。ファンド説明会で配布された資料では「市場価格の上昇、下落のどちらの局面においても、絶対リターンを目指す」とありましたが、以後のマネックスのメルマガの運用報告では「インド株が下落したため」とか「中国A株が上昇したため」ウン%のリターンでした、といった内容で、絶対リターンはどこいっちゃったんだろう、話違うのでは?と思わざるをえません。
今回のPEファンドも随分前からマネックスが予告していたので関心はあったのですが、内容もイマイチのようだし、しかもアジアフォーカスみたいに「話が違う」ことになりかねないので、購入は見送ることにしました。
  • 2006/08/06 10:56 AM
記事でのご紹介&トラックバックありがとうございました。
僕は両ファンドとも購入は見送らせていただきました。
ヘッジファンドよりも、シンプルで低コストの、外国株式インデックスファンドおよび外国債券インデックスファンドを作ってほしいと思います。
もしくは、いっそのこと「外国ETFの取り扱い」を…!!
要望の記事、書いていただきありがとうございました。

チャイナ・フォーカスは今一つなのですね。
オルタナティブ投資の中では、
アジアフォーカスはまぁまぁとの事でしたので
少し期待していましたが、残念です。

やはり現状通り、インデックスファンド中心に
運用していこうかと思います。

大変参考になりました。
ありがとうございます。
  • ぐっち
  • 2006/08/07 10:19 AM
こんにちは、ゆうき様

近頃は国内の証券会社で取り扱われるヘッジファンドも少しづつ増えてきましたね。

そこで、海外のファンド運用会社から直接買い付けサポートを行う独立系ファイナンシャルプランナーもよく見かけるようになりましたが、どうなのでしょう?
バリエーションや中間マージンを節約できるのであればメリットを感じるのですが、証券会社とは異なった部分で気が付かない部分でデメリットとかは無いのでしょうか?

もし、お時間があればご意見をお聞かせください。

参照URL
http://www.ginzafp.co.jp/index.php
http://www.ifa-japan.co.jp/
http://www.shisanka.net/
http://amiamici.co.jp/amiamici/jpn/home.shtml
http://www.offshorelibrary.com/Home.htm
  • StoneFish
  • 2006/08/15 1:52 AM
StoneFishさん

海外ファンドについては、こちらをご参照ください。

http://fund.jugem.jp/?eid=50
  • ゆうき
  • 2006/08/15 8:33 AM
スレ汚し失礼しました。
以前の記事、大変参考になりました。
  • StoneFish
  • 2006/08/15 7:54 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック
マネックス証券が8月から新たに2つのオルタナティブファンドを販売すると発表しました。 一つは世界中の非上場株式とヘッジファンドへ投資するファンド・オブ・ファンズの「プレミアム・ハイブリッド2006」。 も
  • Site.M from 新所沢
  • 2006/08/06 6:38 PM
毎日ガンガン来るマネックス証券のメールによると、 「プレミアムハイブリッド2006」と「チャイナ・フォーカス」 という投資信託を発売するらしい。 説明会やイベントを開催するなど、経費もかなり使うみたいだ。 手数料は小口なら申込手数料2%を超え、信託報酬も1
  • はむかつさんど
  • 2006/08/17 10:40 PM

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)
  • 楽天証券で楽天ポイント・楽天証券ポイントからの投信積立注文がスタート
    ゆうき (09/30)