新着記事/関連記事

人民元建て中国国債やディムサム債への投資は有望か?

香港での元建て預金残高は昨年末で3149億元(約3兆9360億円)に達し、1年間で5倍に膨張。米マクドナルドが外資で初めて香港で発行したディムサム債と呼ばれる元建て債券も注目されているとのこと(産経新聞)。
日本では、マネックス証券が1月末に国内初となる人民元建て国債を発売開始した。またこれまた人民元建て債を中心とした国内籍初の投信としてDIAM人民元債券ファンドの発売も開始した。

しかし、中国は人民元レートをそう簡単に元高に持っていくだろうか?というのも、現在中国は不動産バブルの真っ最中。政府はどうソフトランディングするかに悩んでいる。本日も金利を引き上げたが(モーニングスター)、今後も徐々に金利を上げていくだろう。

不動産価格が安定するか、もしくはバブルが破綻したら、今度は金利を引き下げることになる。この時、国内の景気は一気に引き締まるので、輸出主導の経済立て直しが必要になる。

日本はバブル崩壊後に一気に円高に向かったことで輸出産業にも深刻なダメージがあったが、おそらく中国政府は日本の歴史をよく研究しているので、同じような過ちは繰り返さないだろう。

つまり、不動産バブルが落ち着き、その後輸出主導で景気が安定的になるまで、そう簡単に為替レートを元高に持っていかないのではないかと思う。

関連記事:
・為替レートの変動要因

コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/23)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ハイマージェ (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    ゆうき (10/22)
  • ドコモのガラケーから楽天モバイルの格安スマホ「Huawei P9 Lite」に機種変更
    あきお (10/22)