新着記事/関連記事

為替ヘッジ付きの外債ファンドは価格変動リスクに脆弱では?

為替ヘッジ付きの外債ファンドが注目されている(ロイター)。日本と欧米の金利差がなくなっており、為替ヘッジ手数料が安くなっていることが原因らしい。

しかし、為替リスクだけをヘッジすることは果たして有効なのだろうか。債券は、長期金利が上昇すれば価格は下がり、長期金利が下がれば価格は上昇する。一方、理論上、金利が上昇すれば為替レートにおいて通貨価値も上昇し、金利が下がれば通貨価値も下がる。為替リスクと価格変動リスクはお互いに打ち消しやすい関係にあるわけだ。したがって、為替リスクだけをヘッジしても、逆に価格変動リスクに対して脆弱になる。

ましてや、一方の金利が動けば、為替ヘッジ手数料も再び上昇することになる。金融商品としては、かなり問題ありだと思うのだがいかがだろうか。

関連記事:
・通貨選択型ファンドの純資産残高が4兆円を突破


コメント
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ゆうき (09/30)
  • 「つみたてNISA」口座と「iDeCo」口座をどの証券会社で開設するか?
    ハイマージェ (09/30)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    ゆうき (09/27)
  • 債券7割のバランス型ファンドが「つみたてNISA」対象ファンドで良いのか?
    AKI (09/27)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    ゆうき (09/19)
  • 生活防衛資金の目安はいくらか?〜投資デビュー時の最低貯蓄額を考える
    パイン (09/17)
  • 金融庁へ「個人投資家からの税制改正要望」(NISA制度等)について意見を提出
    オーナーTH (08/09)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (06/08)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (06/08)
  • メインの交通系ICカードをPasmo(ソラチカ)からSuica (ビューカード)に再移行
    ゆうき (06/04)