日本に上場させるべきETFとは何か?



北村慶著「ETFとは何か〜個人マネーをひきつける新商品のすべて」を読んだ。タイトルの通りあの北村氏がETFについてまとめた本だ。
特に面白いのは、日本市場には「定番ETF」が上場されていないと指摘しており、日本で上場すべきETFを具体的に例示している点。以下、その商品:

  • TOPIX逆連動型ETF、日経平均逆連動型ETF
  • iShares MSCIコクサイ・インデックス・ファンド(TOK)
  • iShares MSCIワールド・インデックス・ファンド(IWRD)
  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  • iShares MSCIエマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)
  • バンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)
  • 日本の債券市場全体に投資するETF
  • SPDRバークレイズ・インターナショナル政府発行債券ETF(BWX)

まさにその通り。ETFの基礎から、現状の商品ラインナップ、課題、有意義な提案が読めて800円はお買い得だ。

関連記事:
・北村慶「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」

コメント
 東証も先日『会社型外国ETFに係る上場制度の見直し等について』のパブリックコメントを募集していましたが、上場する海外ETFが増えてくれるような見直しになってくれると良いのですが。

<会社型外国ETFに係る上場制度の見直し等について>
http://www.tse.or.jp/rules/comment/index.html

 ・・・資料内容を見る限り、あまり期待できないかも(既存の外国株と同じ様に取り扱いますって事ですよね)。。。

 個人的には、どこかの証券会社がVEUやVSSを取り扱ってくれるようになれば、無理に上場しなくても良いような気がしてきました(上場してくれるのに越した事は無いですが、すぐに東証だけ上場廃止とかされても困りますし)。
  • ハイマージェ
  • 2009/04/11 6:42 PM
何気にSBIのHPを見て気が付いたんですが、
今日からVT扱うみたいですね。
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/stock/pop6040_usequity_list.html

株式ひっくるめてこれでOKってわけにはいかないですよね
  • タロウ
  • 2009/06/10 6:24 PM
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)