阪神TOBと梅田・三宮間の鉄道運賃値上げの関係性

現在、大阪の北の中心「梅田」と、神戸の中心「三ノ宮」を結ぶ線は、海側から阪神本線、JR神戸線、阪急神戸線の三本ある。
Yahoo!の乗り換え検索で調べてみると、阪神の運賃は310円で所要時間は35分。JR(新快速)は390円で29分。阪急は阪神と同じ310円で33分。阪急が、阪神の株式公開買い付け(TOB)を1株当たり930円で開始したが、公開買い付けの結果によってはこの運賃設定が値上げされるかもしれない。

阪神電鉄の株価を追ってみると、村上ファンドが手をつける前、つまり2005年の9月ごろまでは一株400円くらいを推移していたのだ。その後株価は一気に1200円まで上昇し、その後は、1000円前後で取引されている(Yahoo!ファイナンス株価情報)。例え梅田の商業拠点の不動産価格を少し強気で評価しても、冷静に考えれば2倍以上という価格は割高なのではないかと思う。

仮に村上ファンドがTOBに応じて阪神株を930円で阪急に売ったとすると、その割高なコストは結局阪神電鉄利用者、そして統合される阪急電鉄利用者に跳ね返ってくるのではないか。阪急・阪神を統合して梅田ー三ノ宮間のドル箱路線の競争をなくせば、この二つの路線の運賃を同時に引き上げることが可能になるからだ(一般的に公共サービスは競争をなくせば価格上昇が容易になる)。時間差から考えても350円から370円くらいになってもおかしくない。

そうすると結局、村上ファンドは、大阪・神戸の庶民からお金を巻き上げることになる。阪急とその背後に控える関西の財界は村上ファンドにうまく挑発されて、結局その挑発にまんまとのってしまったようである。

その昔、東急王国を築くために地上げを繰り返した五島啓太と西武帝国を築くために実弾(お金)をばら撒いた堤康次郎を揶揄して「強盗啓太、ピストル堤」という言葉が生まれた。梅田の不動産を「幻想」で包み、TOBで逃げ切る村上は「詐欺師村上」になるだろうか?強盗とピストルに比べたらちょっとチンケな感じがするが。

関連記事:
・Jパワー買収問題の核心は大間原発か?

コメント
TBありがとうございました。
私のほうでは専門的な話ではないのに、TBをかけていただき大変嬉しいです。

ところで、村上氏と怪物くんとの関係は「うけた」でしょうか?
コメントする




   

コメント欄の更新状況をRSSで通知する
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

新着記事の通知

トピックス

最近のコメント

  • 息子のジュニアNISA商品をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に変更
    ハイマージェ (12/07)
  • マンション・アパート一棟買い大家の失敗例
    アホ (11/10)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (10/27)
  • 年利8.5%を掲げるH.K.RICH(HKリッチ)の問題点
    正義 (09/24)
  • たわらノーロード先進国株式の信託報酬が0.2%から0.0999%へ引き下げ
    ハイマアージェ (09/19)
  • 築年数と賃料・家賃の関係性〜家賃下落率は築10年で1割・築20年で2割
    たろう (06/06)
  • 投信ブロガーが選ぶFOY2018でeMAXIS Slim先進国株式に全力投球
    ハイマージェ (11/17)
  • ダイヤモンド誌がバルチックカレー中国FC投資を批判
    結局 (11/13)