新着記事/関連記事

金融庁の有識者委員会が提案した「積立NISA」対象商品の条件は更なる検討が必要

積立NISA対象商品の条件を検討するために金融庁に設置された有識者委員会が報告書を発表した(金融庁ウェブサイト)。


「積立NISA」対象商品の条件を報じた日経新聞記事は不明点だらけ

金融庁が「積立NISA」対象商品の条件を決めたとのこと(日本経済新聞)。


ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う

ジュニアNISAの利用者数が伸び悩んでいるとのこと(日本経済新聞)。


金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着

政府が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着した(日本経済新聞)。


金融庁が導入検討中の「積立NISA」の非課税期間が20年から10年に半減

自民党税制調査会の議論を経て、金融庁が導入を検討中の「積立NISA」の非課税期間が20年から10年に半減したとのこと(日本経済新聞)。


NISAの新しい20年投資枠「積立NISA」はバランス型ファンド限定になるのか?

金融庁が平成29年度税制改正要望を発表した(金融庁報道発表資料)。


金融庁が検討中のNISA「年間投資上限60万円・非課税期間20年」枠はどんだけ有利か?

金融庁がNISA口座の非課税期間を5年から20年程度に延長するプランを検討中とのこと(ロイター)。


政府が遺言控除の導入を検討〜遺言を残せば相続トラブルは減るのか?

政府が遺言控除の導入を検討しているとのこと(産経新聞)。

1億円以上の金融資産を持つ海外移住者を対象に出国税(国外転出時課税制度)を導入

7月1日から1億円以上の金融資産を持つ海外移住者を対象に出国税が課されることになった(日本経済新聞)。

ジュニアNISAの問題点〜18歳の若者に数百万円の資産が転がり込む影響

2016年からジュニアNISAが導入される予定とのこと。投資家にとって非課税口座が拡大するのは歓迎できるが、使い方には注意が必要だ。
続きを読む >>

| 1/8PAGES | >>

サイト内検索

新着記事の通知

人気記事(はてなブックマーク数)

トピックス

最近のコメント

  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    ゆうき (05/11)
  • 分譲マンションとねずみ講の共通点〜新規顧客を集めないと破たんするビジネスモデル
    オーナーTH (05/11)
  • 2016年9月30日現在の妻のアセットアロケーション(資産配分)と投資商品
    ハイマージェ (04/25)
  • 非常用復水器(イソコン)の使用方法を知らなかった東京電力
    アルバートロンくん (04/13)
  • ジュニアNISAの利用者数が低迷〜ジュニアNISA制度の必要性を問う
    Bobおじさん (03/09)
  • スーモの賃貸・購入比較の試算はアンフェアではないか?
    Willy (01/26)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/13)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    ゆうき (01/11)
  • 資産運用の無料相談掲示板 (2)
    マサル (01/11)
  • 金融庁が導入検討中の「積立NISA」が年間投資上限40万円・非課税期間20年で決着
    ハイマージェ (12/10)